© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

札幌観光幌馬車

札幌観光幌馬車

Open Panoramaさっぽろ名物観光幌馬車です。御者の土屋光雄さんは四代目の銀太2といっしょに幌馬車歴29年目になるそうです。こんな大きなワゴンを引いて車に混じって歩くのは大変だろうに、とても落ちついていて自分の仕事がちゃんとわかっているという働きぶりです。

かつて札幌は馬糞風と言われるように馬糞が風に舞っていたそうですが、銀太は赤信号の時に後ろを振り返ってトイレを教えます。大通公園4丁目近くが定位置で、お昼休みには目の前で用意される藁と人参の昼食をおいしそうに頬張っていました。

時計台コース・テレビ塔コース所要時間約40分、奥様 豊子さんの解説を聞きながら、頼もしい銀太に身を委ね眺める街は、陽射しも風も長閑です。「大通公園の花を見たり季節を感じて毎日すごせるのはうれしいことです。」と豊子さん談。冬にはトナカイ銀太に合えるかも。

[営業期間]
ゴールデンウイーク〜11月3日頃まで

[コース]
●時計台コース(約40分)
大通公園4丁目 → 時計台 → 北海道庁旧本庁舎 → 大通公園4丁目
●テレビ塔コース(約40分)
大通公園4丁目 → テレビ塔 → 南大通西9丁目 → 北大通 → 大通公園4丁目

[料金]
大人:1階席 1,800円 / 2階席 2,200円
小学生:1階席 1,000円 / 2階席 1,200円
幼児:1階席 500円 / 2階席 600円

[連絡先]
(株)札幌観光幌馬車
tel . 011-512-9377

関連記事

  1. 一馬力のパワー、感じちゃいました。
    ダブルデッカーな幌馬車、札幌にこんな名物”Transportation”があったとは。観光客のカメラには銀太と幌馬車、そしてその上でクルクル回っていたkeijiさんがしっかり写ってますねー。きっと。

    • keiji
    • 2006年 10月 20日

    soooさん、どーもです。
    >そしてその上でクルクル回っていたkeijiさん
    そーなんです。この日はお客さんが少なく、貸し切り状態だったので、ちょっと目立ってたかもしれません。
    2階席は眺めは抜群でしたが、揺れ幅が大きく、三脚を固定するのに、銀太じゃ有りませんがヒーヒーいってました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る