© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

宮島・弥山

宮島・弥山

Open Panorama

広島遠征シリーズ第三弾、宮島の弥山(みせん)です。この日、平和祈念公園のパノラマ撮影が無事終了し宿に戻ると、まだ十二時過ぎ。台風の影響も有り、平和祈念公園の撮影だけでも出来ればと思っていたのが嬉しい誤算。急遽、足を伸ばして宮島まで行くことに。

広電とフェリーを乗り継ぎ約一時間、宮島に到着したのは午後の二時過ぎでした。さぁ〜どこを撮りましょう、、、やはり、ここは厳島神社ですかねぇ、駄目もとで神社の社務所まで。粘ってはみましたが、さすがにそこは世界遺産「やはり、事前に申請を頂かないと、、、」っと丁重にお断りを頂きました。そりゃー当たりマエダの・・・っと自分にツッコミ入れつつ方針転換、ロープウェイで宮島の最高峰(標高529m)、弥山に登ることに。

ロープウェイは紅葉谷駅を出発した後、途中、榧谷(かやたに)駅で、循環式から交走式へ*1の乗り継ぎありで乗りごたえ十分。高所は・・・なので、下を見ず、着いた後の景色を想像しながら、ひたすら耐え、、、(冷たい汗

弥山展望台付近の鹿

弥山展望台付近の鹿

その甲斐あって、上からの眺めは格別でございました。頂上付近には、ストーンヘンジ(実物は見てませんが、、、)のような巨石がゴロゴロ。なるほど、弘法大師や平清盛にゆかりのある信仰の山です。宇宙との交信が出来そうな、そんな神秘的雰囲気が漂っております。

頂上で暫しくつろいでいると、既に夕方五時近く。ロープウェイ下りの最終時間近し、、、汗だくで弥山展望台からロープウェイ獅子岩駅までの30分ほどの道のりを駆け下りることに。

む、、、やはり半日での宮島観光は無理があります。帰りの広電、音といい振動といい、これがまた、疲れた体にはかなり心地よく、夢ごこちでございました。

【関連情報】
Wikipedia:宮島弥山
Wikipedia:厳島
Wikipedia:*1 索道(ロープウェイ)

【サイト内関連情報】
705Nk de ぷちボヤージ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る