© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

吉田寿し

吉田寿し

Open Panorama旅先で、帰りの便までまだ時間があったので食事をとった店のマスターに「このあたりにレトロで魅力的なお店って有りますかね?」と尋ねてみた。すると「よく行く寿し屋なんだけど、あそこの離れ、雰囲気が有ってイイよ」と言うや否や、親切にも先方に電話しくれたのだ。

そんな話を聞いちゃうと、そわそわしちゃって、おいしい食事(特に、この店はカレーは絶品だった)も上の空?なのである。

早速、マスターにお礼を言い店を出た。那古野地区のお店から川を渡り、東へ数分歩くと、多くのオフィスビルが立ち並ぶ中、小さな古民家が見えた。

吉田寿し玄関

吉田寿し玄関

中に入ると、丁度、ご主人が留守だったので、女将さんが代わりに対応してくれた。女将さんに案内され、狭く細長い玄関路地、そして長い廊下を進むと、そこには、とても表の景色?からは想像出来ない豊かな空間が広がっていた。

この建物は、もともと隠居所として建てられたものが、明治初期に当地に移築されたものらしい。戦後、料亭吉田(昭和20年)として営業を始め、その後、寿し店を併設(昭和38年)し、現在に至っているとのこと。

今は、あまり使われていないようであったが、庭の奥には茶室もある。「こんな庭が見渡せる離れで寿しなんて、アルコールのペースかなり早めだなぁ」なんて、妄想だけが膨らむのであった。

【関連情報】
吉田寿し

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る