© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

橋本典久の世界 虫めがねと地球儀

橋本典久の世界 虫めがねと地球儀

Open Panorama「橋本典久の世界 虫めがねと地球儀」展である。以前から気になっていた橋本さんのPanorama Ballであるが、文化庁メディア芸術祭受賞作家の活動を紹介する企画展「TRACE」の札幌巡回展示でやっと見ることが出来た。

会場には、お目当ての「Panorama Ball」、その動画版である「Panorama Ball Vision」、そして、巨大な昆虫写真である、超高解像度人間大昆虫写真「life-size」等が展示されていた。

全天球パノラマは、地球儀の中心に入り込み、自分を取り囲む世界を観る、訳だが、Panorama Ballは、地球儀の外側に世界を貼りこみ、手のひらで転がしながら?観る感じだ。例えが悪が、ちょっと、チャップリンにでもなった気分 ^^; 視点が変われば世界も変わる、のである。そして、超高解像度人間大昆虫写真、は圧巻であった。その細部を少しでも感じてもらいたいと、今回はいつもの魚眼レンズではなく、広角系で展示会場のパノラマを撮ってみた。残念ながらギガパノには届かず、なので、なんちゃって高解像度?パノラマなのである。

余談であるが、帰ってからスティッチしてるとGoogle Street View Carが写り込んでるのを発見、マジマジと見てしまった ^^

[橋本典久の世界 虫めがねと地球儀]展
会場:北翔大学北方圏学術情報センターPORTO
撮影:2014年8月8日
機材:Canon 6D + Tamron SP 28-75@38mm + Nodal Ninja 4
アプリ:Lightroom, Photo Shop, PTGui Pro, Pano2VR
撮影枚数:64(4rows + Zenith + Nadir)
ピクセルサイズ:37,764pix * 18,882pix

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る