© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

空はやっぱり奇麗がいい

カメラ
PTMac(スティッチソフト)を使いはじめたころは、水平4方向のみの撮影で合成していました。でも、考えると当然なのですが、レンズ周辺部の画像を使うので天井や空が奇麗じゃない。調べてみると、どうもみなさんトップやボトムまで撮影して合成しているじゃありませんか。

ボトムはあきらめるとしても空や天井、特に室内撮影の時の天井は気になります。私のパノラマヘッドはKAIDAN製Twin-Axis Bracketなので、垂直方向には回転出来ません。天井を撮影出来るマルチロウタイプのパノラマヘッドはどこだ〜あああ

KAIDANでもSphericalタイプ、Manfrottoの303シリーズ(噂ではかなり重そ〜)、360Precision(噂では高そ〜)。
詳細は二宮さんのサイトのコラム「QTVR Diary」や、FromParisのテクニカルレポートに書かれています。(ちなみに、二宮さんのコラムは英語が苦手な私にとって、かなり貴重な情報源です)

資金難の私(機材投資ばかりで元が取れない)としては現状の機材でトップ撮影を敢行!nodal pointを中心に4方向撮影した後、パノラマヘッドからカメラを外します。レンズを上に向け、パノラマヘッドに手で固定。nodal-point、水平を目測で調整して撮影。
カメラ
最後だけ締まらない。。。とほほ。

ちなみに、カメラ(Canon EOS Kiss DigitalN)撮影モードは、露出、フォーカス、ホワイトバランス、ISOはマニュアル、画像タイプはRAW(3456×2304pix)です。

でも、そもそもトップ画像の問題はレンズ(Sigma8mm)のF値に起因することも判明。。。これについてはまたの機会に。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る