© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

20089/1

最後の授業

最後の授業

ランディ・パウシュの「最後の講義」をYouTubeで観たら、もう少し彼の事を知りたくなり、彼の本を読んでみた。

講義では、ネガティブな部分はジョークで吹き飛ばし、あくまでポジティブなランディ。ちょっぴり強がっている?ようにも感じるが、その強がりにも、イヤミな感じは微塵もない。

本の中には、この講義に至までの葛藤や、講義ではあまり触れられていない、彼や家族の事も書かれている。その家族に対する深い愛情が「最高の遺書」を創り出したように感じる。そして、幸運にもオープンソースとなった?その遺書に触れる事が出来、感謝である。

【関連情報】
Wikipedia:ランディ・パウシュ
ランディ・パウシュの近況

【サイト内関連情報】
review:頭のフェイント(head fake)

【PR】

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る