© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

20098/12

モスキートの次はハミングか?

HeadHpone

WIRED VISIONの記事「地球のハミング」のタイトルに惹かれ記事を読む。シューマン共振なんて、なんとも地球を感じさせてくれる内容で、思わず窓から空を見上げ、深呼吸をしたくなる単純な自分である。内容は、人間には聞くことの出来ない低周波の音の話であるが、そこから妄想は発展した…。

話は遡って先日の野外コンサート。ベース音に圧倒されたっぱなしであったのだが、もしや、これは、オヤジの逆モスキート効果?なのではないかと、、、年齢とともに低周波の音に敏感になるとしたら、その発信器をオヤジの溜まりそうな場所に設置し、、、む〜怖い…。

目の場合、
年齢とともに、そのボケ具合、もとい、絞り開放具合は、日常の多くの場面で突きつけられるので自覚は有るのだが、正直、音については自覚が無かった。

でもって、この際、調べてみることに。
いろんなサイトにてテスト用の音源が提供されているようだが、このサイトモスキート音 – PCによる可聴周波数実験で試してみた。まー、ヘッドホンを含む再生環境が大丈夫か?と言う疑問も有るが、、、コレを理由に現実逃避するのもアリか。

結果、14KHzが限界であった。
年齢的には妥当な線か?それにしても、オレの耳には、もはやCDクオリティは必要無いのか、ガク、、、

話は、妄想にもどるが、
こちらのサイト大人には聞こえない音/聴力検査では、低周波のテストも出来た。やはり妄想のようである。

p.s.
ちなみに、最初、安いヘッドホンで試した時は12KHzだった。
と言うことは、金をかければ二十代も?とまた現実逃避かぁ、、、

【関連情報】
Wikipedia:サンプリング周波数
Wikipedia:モスキート(音響機器)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る