© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

武蔵野の水車

武蔵野の水車

Open Panorama昨年の暮れ、三鷹大沢の淹体壕の撮影の帰り、近くあった武蔵野の水車を見学しました。丁度、ボランティアガイドの方がいらっしゃり、解説を受けながらの見学でした。

この水車は、文化14年(1817)以来、5代にわたり野川流域で水車経営に携わってきた農家、峰岸家のものだそうです。武蔵野の水車は江戸期以降開設が急増、明治末期から大正期にかけて産業技術近代化の中で最盛期を迎え、昭和に入ると急激に減少したそうです。(展示資料より)

水車というので、のんびりとした農家の風景を想像していましたが、「水車経営農家」というだけあって、とても大掛かりなものでした。

関連記事

  1. 水車小屋の中は初めてみました。外から見るのと違って、工場のようですね。当時は先端技術だったんでしょうね。

    • keiji
    • 2006年 5月 10日

    ksmtさん、どうもです。
    >工場のようですね。当時は先端技術だったんでしょうね。
    歯車がいくつも複雑にくみ合わさっていて、
    まるで、古い時計の中にいるような感覚!?でした。

  2. けっこう狭い場所だと思いますが、近距離の被写体を正確にスティッチされてますね。

    • keiji
    • 2006年 5月 19日

    Makotoさん、こんばんは
    私の場合は、三脚でしか撮ることが出来ないで、
    撮影に時間がかかって。
    一脚派がうらやまし。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る