おすすめ記事

  1. 前川國男邸

    2006.02.03

    前川國男邸
  2. 霧笛 - 日和山灯台
  3. だるま湯

    2009.12.01

    だるま湯
  4. レトロスペース坂会館
  5. 札幌聖ミカエル教会

© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

さっぽろ雪まつり すすきの会場

第59回 さっぽろ雪まつり

Open Panorama今年で59回目の「さっぽろ雪まつり」の様子です。昨年、あまり時間を割けなかった事を反省し、今年は、2月8日〜10日の3日間、前回行けなかった「すすきの会場」を中心に、じっくり見て回った。アルコールがあまりイケテない拙者、すすきのゾーンにはほとんど足を踏み入れた事が無い。

大通会場が「雪像」中心なのに対し、ここ、すすきの会場では「氷の彫刻」がメインである。まず、入り口付近で思わず立ち止まってしまったのが「氷の龍宮城」。氷の中で泳ぐ?北の魚やカニは、お客さんにもなかなか好評のようで、記念写真のフラッシュが絶え間なく瞬いていた。祭典が終り彫刻を壊す時、このカニは何処に行くのでしょ?すすきのだから近くの居酒屋にでも、、、っと余計なお世話デス。

会場の一角では丁度、氷彫刻の実演が行われていた。「すすきの氷の祭典」パンフレットによると、氷彫刻は1本130Kgの氷を使用、祭典全体で使用する氷は260トン以上、制作者は、道内各ホテルで働く料理人さん等で構成されている北海道氷彫刻会のメンバーとのこと。

Open Panorama

すすきののネオンサインが映し出す氷彫刻、なんだか、みょうに哀愁を帯びているようにも感じる。やはり、北の酒場には氷がマッチしているのカモ、、、

一方、大通会場。今年は、開演前の低温の影響で、例年になく雪像の出来が良かったとの話を聞いていた。確かに昨年に比べ、雪像もシャキっとした印象。来場者は215.9万人(公式ブログより)と過去最高を記録したとのこと。

【関連情報】
さっぽろ雪まつり公式ページ
Wikipedia:さっぽろ雪まつり
Wikipedia:すすきの

【サイト内関連情報】
第58回さっぽろ雪まつり

[map lat=”43.05487″ lng=”141.353558″ zoom=”16″]

関連記事

    • kaneko-ad
    • 2008年 2月 14日

    さっぽろ雪まつり、たっぷり特等席で拝見させていただきました。

    • keiji
    • 2008年 2月 15日

    kaneko-adさま、そろそろ新作パノラマ如何でしょ?

    • kaneko-ad
    • 2008年 2月 15日

    >kaneko-adさま、そろそろ新作パノラマ如何でしょ?
    春期WWPでお会いしましょう。

    • keiji
    • 2008年 2月 15日

    >春期WWPでお会いしましょう。
    むむむ、、、では「長い沈黙を破り衝撃の新作!」を
    お願いいたします、m(_ _)m

  1. keijiさんへ
     やっぱり そちらのスケールには脱帽
     寂しいけど六甲山の氷の祭典のQTVRをListに入れました。

    • keiji
    • 2008年 2月 16日

    山道さん、どーもです。
    >やっぱり そちらのスケールには脱帽
    有り難うございます。
    北海道は、雪いっぱいありますから、(;^_^A
    神戸のすばらしい風景、たのしみにしてますヨ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る