© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

モエレビーチ

モエレビーチ – モエレ沼公園

Open Panoramaモエレ沼公園東側に位置するモエレビーチです。モエレビーチはイサムノグチの「札幌には海がないからビーチを造りましょう」(公園パンフレットより)という発想から生まれたそうです。

ビーチと言っても深い所で大人の膝程度の池です。水遊びをするのは小学校低学年ぐらいまでの子どもでしょうか。しかし、噴出する水によって作られる波、水辺に敷き詰められたサンゴの舗装、ビーチを取り囲む緑の芝生は、大人にとっても魅力的。「本栖湖畔で富士山を眺めながら。。。」と言わないまでも、モエレビーチの芝生に横たわり、波の音を聞きながら、モエレ山を眺めるなんて、プチ・リゾート気分満喫です。

ちなみに、ここでは、サンゴやバクテリアを用いた水の浄化システムが採用されているとのこと。環境にも優しいモエレビーチなんですね、感心。

[開放期間]06月01日〜09月20日
[開放時間]10:00〜16:00
(清掃日:木曜)

関連記事

  1. いやー、涼しそうな、じつにすがすがしい場所ですね!
    北海道はもう冬の気配とか。北陸もだいぶ晩秋の雰囲気になってきました。去った夏の記憶はまだ新鮮なのに。。

    • keiji
    • 2006年 10月 30日

    Makotoさん、どーも。
    >北海道はもう冬の気配とか
    はい、そろそろ雪の季節かと。
    冬の間、何撮ろーかな?

  2. 特に3番目のVRのパースペクティブが凄いですね。
    久々にスカッとしたVR見せて頂きました。

    • keiji
    • 2006年 10月 30日

    kaneko-adさん、どーもです。
    >久々にスカッとしたVR見せて頂きました。
    有り難うございまーす。
    パラソルの下からなんて良いかな、と気軽に考えましたが、風でパラソルがビミョーに動くもので、スティッチが。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る