© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

水島家旧住宅と旧畜舎

レンガ造りの腰折れ屋根

Open Panorama札幌市伏古地区、このあたりはその昔、開拓使がアメリカから持ち込んだ玉ねぎの産地であった。今では、その畑も宅地等になってしまったのだが、玉ねぎ倉庫の幾つかはカフェやレストランとして形を変え当時の面影を残している。その伏古にある水島家の旧住宅と腰折れ屋根(ギャンブレル屋根)の畜舎はレンガ造りとしては比較的大きな建物で昭和初期に建てられたらしい。

訪れたのは12月初旬、壁一面を覆っている蔦が既に褐色となっていた。きっと、四季を通じレンガとこの蔦とが織りなすコントラストが素晴らしかっただろう、そんなことを感じさせてくれる建物である。

このギャンブレル屋根の畜舎、アメリカから北海道に伝わったもので、現在のツーバイフォー工法の前身のバルーン・フレーム工法で作られている。北海道の農場と言えばこの腰折れ屋根が思い浮かぶほど象徴的なこの屋根、てっきりマンサード屋根だと思っていたら、正確にはギャンブレル屋根だった。ギャンブレル屋根が切妻屋根の二方向のみ二段勾配なのに対し、マンサード屋根は四方向すべてが二段勾配になっている。

一般的にこのタイプの畜舎は、一階が家畜、二階が餌となる干草の貯蔵庫となっているそうだ。入り口から一階、そして二階へと進むと、バルーン・フレーム工法の特徴なのだろうか?そこには柱のない壮大な空間が広がっていた。一部、鋼材で補強されていたり、傷んでいたりはしていたが、その姿は整然としていてとても美しかった。この建物、残念ながら2015年初頭には解体され現在は無い。

[参考文献]
社団法人 北海道建築技術協会 会報(2007年 No.3)

[水島家旧住宅と旧畜舎]
場所:札幌市東区伏古9条3丁目2-22
撮影:2013年12月7日
機材:Canon EOS 6D + EF8-15mm F4 L Fisheye@15mm + Nodal Ninja 4
アプリ:Lightroom, Photo Shop, PTGui Pro, Pano2VR

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館

北海道大学キャンパス内にある北海道大学総合博物館、1929(昭和4)年に理学部本館として建てられたゴシック調の建物である。2016年のリニュ…

ページ上部へ戻る