© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

モエレ山

モエレ山 – モエレ沼公園

Open Panorama標高62.4mのモエレ山は、札幌市東区の最高点として国土地理院の地図にも登録されている人工の山です。ダンプカー約33万台分(札幌ドーム1杯分)の土(建設残土)を運び込み、山を造成したそうです。訪れたのは真夏だったので、機材を抱えて登ると、人工の山とは言え62m、さすがにちょっと汗がにじむ。

頂上に立つと、公園全体や、公園を囲むようにして在る三日月湖*1のモエレ沼がよく見え、改めて、この公園のスケールの大きさを実感します。

そもそも、アイヌ語で「ゆったり流れる」を意味する「モエレ」沼は豊平川の蛇行が三日月湖として残った沼で、その内側(現在の公園)は、以前、ゴミ処理場でした。つまり、モエレ山の前身は、ゴミの山だったんですね。

札幌市から設計依頼を受け、実際に現地を見た、イサム・ノグチ氏は「ここは私がやるべき仕事です」と言ったそうです。モエレ山に立ち、公園全体を見渡していると、改めて、地球と言うをものを強く感じさせられます。なぜ、彼は、このゴミの山を最期の仕事(結果としてそうなったのですが)として選んだのだろうか?風に吹かれながら、流れる雲や公園をぼんやり眺めていると、イサム・ノグチ氏のメッセージを、体で感じることが出来たような、そんな気がしました。

【関連情報】
Wikipedia:*1 三日月湖
Wikipedia:モエレ沼公園

[map lat=”43.122152″ lng=”141.426103″ zoom=”16″]

関連記事

  1. 毎度同じ感想になってしまいますが、ここもまたパノラマの本領発揮のロケーションですね。と言うか、もう北海道がパノラマそのものなんでしょうね。

    昨年の夏、この上の風が心地よくて、2時間くらいずーっと景色を見ていました。

    • keiji
    • 2007年 3月 17日

    北旅さん、どーもです。
    >この上の風が心地よくて、
    なんか、ぼーっと眺めていたい気分ですよネ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る