© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

すすきの交差点

すすきの交差点

Open Panorama冬のすすきの交差点の夜景、一際目を引くのがすすきのアイコン?ニッカの看板である。1969(昭和44)年に初代の看板が設置され、現在は三代目(2002年〜)。このヒゲのオヤジさん、1965(昭和40)年に発売された「新ブラックニッカ」のラベルとして大高重治氏がデザインしたもので、ブレンドの王様(キング・オブ・ブレンダーズ)と呼ばれた19世紀の英国人、W・P・ローリーがモデルらしい。大高氏は、ニッカウヰスキーの創業者、マッサンこと竹鶴政孝氏の信頼が厚く、ニッカウヰスキーのパッケージ、ポスター、ラベル等のデザインを一貫して手がけたそうだ。

ウイスキーが滅法苦手なオヤジには、普段、縁遠い場所なのだが、この時期のすすきのは、さっぽろ雪まつり「すすきの氷の祭典」会場となり、多くの観光客で賑わっている。会場では、照明を浴びた氷の彫刻がネオンサインの光と相まってとても華やかなのである。

[すすきの交差点]
場所:北海道札幌市中央区南4条西4丁目
撮影:2014年2月9日
機材:Canon 6D + Canon EF40mm F2.8 STM + Nodal Ninja 4
アプリ:Lightroom, Photo Shop, PTGui Pro, Pano2VR
撮影枚数:78(5rows + Zenith + Nadir)
ピクセルサイズ:36,956pix * 18,478pix

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る