1. HOME
  2. PANORAMA
  3. architecture
  4. 北海道大学古河記念講堂
architecture
北海道大学古河記念講堂

北海道大学古河記念講堂

architecture, PANORAMA

6

Open Panorama明治42年、当時の古河財閥の寄付によって北大の林学科教室として建てられた、緑の屋根と白の下見板のコンビネーションがとても素敵な建物である。設計者は山平四郎、国登録有形文化財に指定されている。

北大は比較的家から近いことも有り、雪解け後、駅方面に出掛ける時は決まって愛車のトランジット号で構内を走らせてもらう。ぽかぽか陽気の日など、木漏れ日を浴びると、ペダルは余計に廻りだし、ずんずん進むのだ。途中、この緑の屋根が見えてくると北大構内ももうすぐ終わり、ラストスパートなのである。

今回は、Canonの撒餌レンズ?EF40mm F2.8 STMを買ったので、近間でテストを兼ねて撮ってみた。このレンズ、パンケーキと呼ばれるだけあってコンパクトで写りも大好きなのだが、MFが電動式?なのか電源を入れなければ機能しない。距離目盛も無く、パノラマ用としてはちょっと使いにくいところが玉にキズなのだ。

[北海道大学古河記念講堂]
場所:北海道札幌市北区北9条西7
撮影:2014年2月9日
機材:Canon 6D + Canon EF40mm F2.8 STM + Nodal Ninja 4
アプリ:Lightroom, Photo Shop, PTGui Pro, Pano2VR
撮影枚数:82(5rows + Zenith + Nadir)
ピクセルサイズ:37,764pix * 18,882pix

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PickUp