© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

北海道大学のイチョウ並木

北海道大学のイチョウ並木

Open Panoramaその日キャンパスはたくさんのイチョウ刈り!?の人で賑わっておりました。札幌市民にとっては紅葉スポットとして親しまれているこの並木。携帯のカメラに収める人、三脚を立てて、じっくりシャッターを切る本格派の方、記念撮影をする家族。秋の恵みを愛でながら、少しゆっくりとした時間が流れていました。

高校の頃、校庭の大イチョウの銀杏を拾ってお昼休み教室で焼いて食べたことを思い出しました。もちろん午後の授業は顰蹙ものでした。少し風の冷たいキャンパスを薄着で行き交う学生たちや自転車で走り抜ける学生たち。ちょっとうらやましくなりました。

キャンパス内の中央食堂入り口で、通称「あんチー」で呼ばれる、あんことチーズの入った大判焼きをお土産にキャンパスを後にしました。1ヶ120円也。そうそう早稲田のウエアを着てジョギングしていたそのまんま東さんともすれ違いました。

関連記事

  1. ご無沙汰してます。

    札幌離れてからもう25年以上。さすがに知らない景色が多かったのですが、久しぶりに覗いてみたら、この景色は変わってませんね。
    遅レスになりますが藻岩からの夜景も懐かしい。

    稲城のお山から、札幌の変わらない風景と新しい顔の両方を楽しみに見ています。

    • non
    • 2006年 12月 01日

    Penさん
    お久しぶりです。コメントありがとうございました。
    かつてこの並木を歩いた方なのでしょう、タクシーに待ってもらって写真を撮られていた老夫婦の方を見かけました。Penさんにとっても青春時代!何度も何度も通った道ですね。
    新しい景色も素敵だけれど、何十年もずっと変わらない場所もあり続けてほしいです。はじめてPenさんと出逢った稲城のありがた山あたりも、そんな場所です。
    何とも愛らしい小鳥たちの表情を楽しみに、
    Footprints on the blue ridge hillsに、またおじゃまします。

  2. 落ち葉の上を歩くのは何とも気持ちがいいですね、と思ったら札幌は雪景色なんですね〜。こちらの紅葉は先週見ごろの所が多かったです。
    「あんチー」の組み合わせ、なかなか味の想像ができません(笑

    • non
    • 2006年 12月 04日

    soooさん
    コメントありがとうございます。
    ここのところ雪の日が続き、積もりはじめました。
    凍った横断歩道を渡るのは、とてもスリリングです。
    例年より遅い関東の紅葉刈りをテレビで楽しみました。
    並んでいる若者たち。「あんチー」と注文している人が多かったので私も「あんチー」と。焼くのでチーズがトロリと熔けてあんこの甘味がマイルドになりなかなかおいしいです。そうですね〜。善哉
    に、とろけるチーズ入れたようかな?よけい想像できないですね・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る