1. HOME
  2. BLOG
  3. Borders – The World Wide Panoramaが公開!
BLOG

Borders – The World Wide Panoramaが公開!

BLOG, panorama

18

The World Wide Panoramaは、カリフォルニア大学バークレー校The Geo-Images Projectが主催のパノラマ写真のイベントです。今回のテーマはBordersです。

Peter O'Donnell
copyright@ Peter O’Donnell / ireland360
境界線ってテーマ、結構深い。。。

「きっと、現在の世相を反映した重い作品なんかも出てるのかな?」
なんて考えながらエントリー作品を拝見。

その中で、特に印象深かった作品が2点ありました。
1点は、ノーザンライツの高木さんも紹介している
Gilles Vidal氏の「Dance in the Street
彼の映像にはいつも脱帽です。
私の下手な能書きは必要ありません、まずは映像をご覧有れ。

もう1点(写真上)は、
Peter O’Donnell氏の「United We Stand, Divided We Fall
この映像、登場しているお二人の立ち姿に引きつけられました。
む〜なんと凛々しい。
内容はと言うと、
お二人の農場を分断して道路が出来るとのこと。
(私の理解が正しければですが)
そのボーダーに立っていらっしゃるようです。

考えると、当たり前の事なのでしょうが、
開発で立ち退きなんか日本だけじゃ無く、
万国共通なんですね。

その意味からすると、
「公共施設の為に、個人の土地が召し上げられる」なんてーのは
パブリックとパーソナルのボーダーだったりして。
結構深い。。。

それにしても、緑の大地に立つお二人の姿に、
アイルランドの重たい雲が重みを加え、素晴らしい映像となっています。

Peter O’Donnell氏のサイトireland360にある
「Trad Session, O’Briens Pub」も良い味出てまっせ。

  1. にのみや

    ボクもこの作品、気になりました・・・ってゆーか、まんまですもんね!<American Gothic
    それにしても、Grant Woodの原画「American Gothic」って、あまりにインパクト強すぎるのと、モチーフが単純なので、パロディにされやすいですねぇ。Googleで調べたら、山のように出てきました(笑
    http://images.google.com/images?q=Wood%20American%20Gothic&num=50&hl=en&lr=lang_ja&c2coff=1&safe=off&sa=N&tab=wi

  2. takagi

     アイルランドと北海道って、景色とか空気の感じがどことなく似てる気がしてしょうがないンですよね。“ケツ出しオヤジ”氏の数々の作品の中に勝手に“北海道”を見つけるうちに、改めて北海道が好きになりましたです、ハイ。

  3. keiji

    にのみやさん、こんにちは
    >・・・ってゆーか、まんまですもんね!
    なるほど、パロディも入ってルンですね。
    知らなかった。。。お勉強になりました、ペコリ。
    確かに、女性の視線が斜め前方なので、なんでかなーと気になってました。

  4. keiji

    takagiさん、こんにちは
    >アイルランドと北海道って、景色とか空気の感じがどことなく似てる気がして
    パノラマ撮影時には、いつも曇天を嫌っていた私ですが、
    この写真を見て考えさせられました。
    42年ぶり!?に札幌で生活を始め、空気の違いを感じております。
    これから楽しみでございまする。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp