おすすめ記事

  1. 霧笛 - 日和山灯台
  2. だるま湯

    2009.12.01

    だるま湯
  3. レトロスペース坂会館
  4. 札幌聖ミカエル教会
  5. 前川國男邸

    2006.02.03

    前川國男邸

© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

ノーダルポイントって何だ?

パノラマ写真をはじめて最初にぶつかった壁がこの「nodal point」です。カメラを回転させる時の中心点のようだが、なんだかよく解らない、む〜
「nodal」を辞書で引くと「節」「交線」「中心点」と書いてある。
サイトで調べると、ありました、解説ページが。360Texas.comです。
nodal point
これを真似してやってみました。

私のレンズはSigma8mmです。パノラマを撮影する時は水平方向4枚、トップ1枚を撮ります。

方法を簡単に説明すると、カメラの正面に乾電池2本を直線上に並ぶように立てて、右45度、左45度の写真を撮ります。

その2本の電池の位置関係が同じになる場所をカメラを前後に移動させ探し出します。

詳細は360Texas.comに書かれていますのでどうぞ。

結果、Sigma8mmのノーダルポイントはレンズ全面近くのゴールドラインから少しカメラ側に寄ったくぼみの部分のようでした。(俺のはちがうぞ〜という方は突っ込みのコメント、トラックバックお願いしま〜す)
nodal point
レンズに掛かっているのはノーダルポイントを合わせるための秘密ちゃん1号です。糸にミニドライバーを付けてくぼみに掛けただけ。。。

関連記事

    • ksmt
    • 2005年 5月 23日

    大変参考になりました。遠くにあるものを写す場合には全く正しいと思います。もうちょっとレンズの先の方にノーダルポイントがあるのではないかと思っていましたが、そうではないようですね。

    近接撮影の場合は悩みますね。私の場合、どうしても秘密ちゃん1号をきれいに写したいのですが、その場合にはノーダルポイントを無視して、カメラを下げるしかありません。まあ、下を別撮りしたり、遠景がぼけていたりで関係ない場合が多いのですが。

  1. パノラマ作成のテストとQTVR化

    早速、パノラマ雲台をテストした。 まずは、panorama Journeyのノー…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ページ上部へ戻る