1. HOME
  2. BLOG
  3. 「Who Is This Bitch, Anyway?」Live
BLOG

「Who Is This Bitch, Anyway?」Live

BLOG, music

8

Noth Jam 2009

Noth Jam 2009

「ところで、そこのネーちゃん、だれなのヨ?」
と言う感じなのだろうか、それとも、もっと???
1975年1974年、Harvey Mason(Drums)、David T. Walker(Guitar)、Chuck Rainey(Bass)等が参加して録音された、Marlena Shawのアルバムタイトルです。

このアルバムについては、とにかく、いろんな方が、いろんな所で語り尽くしていますので、私が下手なコトバで語ることも無い訳ですが、そこを、あえて言わせて頂くと、自分自身は控えめに、そして、これでもかと、主役の歌を持ち上げる歌伴の神髄とでも言いましょうか…。

もちろん、主役のMarlena Shawがスバラシイことは言うまでも無いのですが、その傍役たちの、歌声の隙間から溢れるフレーズに、ふうっと溜息なのです。

そのアルバムが出てから35年目の今年、当時のレコーディングメンバーが集まり、”Reunion Tour 2009″として全国4カ所でコンサートが行われたのであります。

札幌では、”SAPPORO CITY JAZZ”の最終日(8月9日)、”North JAM Session”の最後に登場です。コンサートは午後1時スタート。SOFFet、Nikki Yanofsky、Lee Ritenour & Anne Kei、JUJUの順に登場。場所が真夏の芸術の森野外ステージ、オマケに全行程8時間超と言うこともあり、ステージで熱演の出演者の方々にはたいへん申し訳ない状態ですが、ビール片手に芝生席でゴロッと。

ところで、
久々に野外コンサートを聴くせいか、それとも、今風?のミキシングのためなのか、歪んだベースの音圧に圧倒されっぱなし。世相的にも耳の痛い話が多いこのごろ、コンサートも、そのトレンドには逆らえず?なのか、耳の痛かったことがちょっと残念。

そして、
真夏の太陽から解放され、森に涼しい風が吹き抜けるころ、「Reunion Tour 2009」最終ステージがスタート。アルバムのイントロに入っている会話をMarlenaとHarveyが再現し一気に演奏へと。その演出で持って行かれました、完全に技あり一本デス。そして、その演奏は35年の時を全く感じさせる事無く、まるで、アルバムリリース後のツアーのように、当時のアルバムの雰囲気がそのまま再現されました。まー、よく考えると、彼らの演奏は年齢を超えたシブさが魅力だった訳で、、、そう言う意味では、時を超える職人でしょうかネ。

David T.は、
昨年、彼のバンドで聴いたばかりなのですが、はっきり言って、今回の演奏の方が、かなりぐぐっとです。昨年の演奏もよかったのですが、やはり、彼のプレイスタイルは伴奏が魅力。歌の合間や間奏に入るそのフレーズ、今回は正直、涙腺がゆるゆるっとでした。

【関連情報】
Mr David T. Unofficial David T. Walker Website
Harvey Mason
Chuck Rainey – The Official Website

【サイト内関連情報】
review:David T. Walker

【PR】

  1. shikano

    行きつけの店でよくかかっていました。当時はテクニカルなバンドの方が好みだったような気がしますが、老化のせいか最近はこういうシンプルなビートがいいですね。体を揺らしつつ一杯やりたい気分です。
    ん? 同じようなことを前にも書いたような気が・・
    これも老化ですね。

  2. keiji

    shikanoさん、どーもです。
    >行きつけの店でよくかかっていました。
    私も、確か最初に聴いたのは、吉祥寺あたりのJAZZ喫茶(死語?)だったような気がします、確か。

    >体を揺らしつつ一杯やりたい気分です。
    ホント、この雰囲気、酒の友?でゴザイマス。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp