1. HOME
  2. BLOG
  3. 「Who Is This Bitch, Anyway?」Live
BLOG

「Who Is This Bitch, Anyway?」Live

BLOG, music

28

Noth Jam 2009

Noth Jam 2009

「ところで、そこのネーちゃん、だれなのヨ?」
と言う感じなのだろうか、それとも、もっと???
1975年1974年、Harvey Mason(Drums)、David T. Walker(Guitar)、Chuck Rainey(Bass)等が参加して録音された、Marlena Shawのアルバムタイトルです。

このアルバムについては、とにかく、いろんな方が、いろんな所で語り尽くしていますので、私が下手なコトバで語ることも無い訳ですが、そこを、あえて言わせて頂くと、自分自身は控えめに、そして、これでもかと、主役の歌を持ち上げる歌伴の神髄とでも言いましょうか…。

もちろん、主役のMarlena Shawがスバラシイことは言うまでも無いのですが、その傍役たちの、歌声の隙間から溢れるフレーズに、ふうっと溜息なのです。

そのアルバムが出てから35年目の今年、当時のレコーディングメンバーが集まり、”Reunion Tour 2009″として全国4カ所でコンサートが行われたのであります。

札幌では、”SAPPORO CITY JAZZ”の最終日(8月9日)、”North JAM Session”の最後に登場です。コンサートは午後1時スタート。SOFFet、Nikki Yanofsky、Lee Ritenour & Anne Kei、JUJUの順に登場。場所が真夏の芸術の森野外ステージ、オマケに全行程8時間超と言うこともあり、ステージで熱演の出演者の方々にはたいへん申し訳ない状態ですが、ビール片手に芝生席でゴロッと。

ところで、
久々に野外コンサートを聴くせいか、それとも、今風?のミキシングのためなのか、歪んだベースの音圧に圧倒されっぱなし。世相的にも耳の痛い話が多いこのごろ、コンサートも、そのトレンドには逆らえず?なのか、耳の痛かったことがちょっと残念。

そして、
真夏の太陽から解放され、森に涼しい風が吹き抜けるころ、「Reunion Tour 2009」最終ステージがスタート。アルバムのイントロに入っている会話をMarlenaとHarveyが再現し一気に演奏へと。その演出で持って行かれました、完全に技あり一本デス。そして、その演奏は35年の時を全く感じさせる事無く、まるで、アルバムリリース後のツアーのように、当時のアルバムの雰囲気がそのまま再現されました。まー、よく考えると、彼らの演奏は年齢を超えたシブさが魅力だった訳で、、、そう言う意味では、時を超える職人でしょうかネ。

David T.は、
昨年、彼のバンドで聴いたばかりなのですが、はっきり言って、今回の演奏の方が、かなりぐぐっとです。昨年の演奏もよかったのですが、やはり、彼のプレイスタイルは伴奏が魅力。歌の合間や間奏に入るそのフレーズ、今回は正直、涙腺がゆるゆるっとでした。

【関連情報】
Mr David T. Unofficial David T. Walker Website
Harvey Mason
Chuck Rainey – The Official Website

【サイト内関連情報】
review:David T. Walker

【PR】

  1. shikano

    行きつけの店でよくかかっていました。当時はテクニカルなバンドの方が好みだったような気がしますが、老化のせいか最近はこういうシンプルなビートがいいですね。体を揺らしつつ一杯やりたい気分です。
    ん? 同じようなことを前にも書いたような気が・・
    これも老化ですね。

  2. keiji

    shikanoさん、どーもです。
    >行きつけの店でよくかかっていました。
    私も、確か最初に聴いたのは、吉祥寺あたりのJAZZ喫茶(死語?)だったような気がします、確か。

    >体を揺らしつつ一杯やりたい気分です。
    ホント、この雰囲気、酒の友?でゴザイマス。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp