© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

“Weekend in L.A.” is Endless Live!

H.264サンプル1
1977年にロサンゼルスのロキシーで行われたジョージ・ベンソンのライブです。トミー・リピューマ(プロデューサー)&アル・シュミット(録音エンジニア)の名コンビにより産み出されたアルバムです。引っ越しのおかげで、しまい込まれていたCDを発見。ここのところ、新鮮な感覚で聴いております。

こちらに来てからはFMの受信状態が悪く、日中はBGMとしてCDをかけています。CDを交換するのが面倒なので下手をすると、このCDが一日中かかっていることも有り、ちょっと異常。まさに、Endless Love ならぬ Endless Live でもそれだけ、私にとっては心地よくも有る。欠点は、ベンソンのフレーズを聞き込んでしまいBGMにならいことも。

ジョージ・ベンソンと言えば、ウェスの再来!?と言われた、バリバリのジャズギタリストだったが、1976年のアルバムBreezin’で大変身。その新生ベンソンを生み出したのがトミー・リピューマ&アル・シュミットのコンビ。このコンビから生まれた数々の名盤に心ときめく70年代後半〜80年代でした。それにしてもこのアルバムでハービー・メイソン、フィル・アップチャーチが作り出すリズムのなんとスバラシイこと。

P.S.
昨日は北海道に来て初めてコンサートに行って参りました。
パット様、やはり、あなたはすばらしい。

PR

関連記事

    • shikano
    • 2006年 6月 07日

    えっ?
    メセニーいま来日してるんですか?

    • keiji
    • 2006年 6月 07日

    そうなんです。フライヤーによると何と23年ぶりの北海道だそうです。
    今回はゲーリー・バートン・カルテットのメンバーとしてのコンサートでした。
    正直、ヴィブラフォンにはあまり興味が無かったので、期待はしていなかったのですが、とてもすばらし内容でした。
    約1週間のブルーノート東京の公演の後だったこともあり、バンドとしてもよくまとまっておりました。
    パット・メセニーは言うまでもありませんが、ゲーリー・バートンもナイスでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館

北海道大学キャンパス内にある北海道大学総合博物館、1929(昭和4)年に理学部本館として建てられたゴシック調の建物である。2016年のリニュ…

ページ上部へ戻る