© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

20066/13

H.264ってどうなのよ vol.2

サンプル画像
前回
の積み残し、QTVRの新コーデック、H.264のグラデーションのテストです。このテストにマッチした画像が見当たらなかったので、グラデーション画像(左側)を作って比較しました。

以下の画像は、それぞれの設定でCubicConverterから生成したQTVRファイルをQuicktimePlayerで再生し、画面キャプチャーした画像です。
それぞれ画像をクリックするとQTVRが再生されます。
photo-jpeg
↑Codec:Photo-JPEG / Quality:50% / Size:100KB
H.264lo
↑Codec:H.264 / Quality:50% / Size:32KB
H.264hi
↑Codec:H.264 / Quality:91% / Size:104KB

静止画では分りにくいが、H.264はスッキリはしている反面、ドーナツ状にマッハバンドがみられる。H.264 – Quality:50%では、圧縮独特のものなのでしょかブロックノイズ的なものも見られる。一方、JPEGはノイジーでは有るが、階調の分かれ目はH.264ほどはっきりとは見られない気がする。

「じゃー一体どっちが良いのよ?」ファイルサイズからすると、圧倒的にH.264の方が良いのだが、すべてにおいて勝っていると言うわけでもなさそうだ。今後は、素材や再生環境を考えて使い分けることになるのかも。

【関連情報】
Wikipedia:H.264

関連記事

    • shikano
    • 2006年 6月 13日

    わかりやすいサンプルですね。
    画質を比較したらjpegの方が好きだし良いと思いますが・・・
    ところでこれを見ていて思ったのですが、
    ズームアップしたときの解像度はファイルサイズが大きくなるので、これまであきらめていたのですが、2Mb以下でズームアップしたときの描写が良くなるなら、試す価値ありですね。今度ちょっとやってみたいです。

    • keiji
    • 2006年 6月 13日

    しかのさん、どうもです。
    >2Mb以下でズームアップしたときの描写が良くなるなら、試す価値ありですね。
    高木さんがレポートしてましたが、高解像度のファイルをメモリ上に展開した時の問題がどうなのか詳しく検証した事は無いのですが、確かに、ズームしてもよく見えるって魅力的ですよね。これは再生環境に依存するのかな。。。

    • takagi
    • 2006年 6月 14日

    確かにわかりやすいサンプルッス。
    この素材の場合はjpegのほうが好みではあります。shikanoさんとのズームアップ云々の話を読んでフト思ったンですが、jpegって基本的に8×8ピクセルのブロックで圧縮しますが、H.264って16×16から8×8(場合によっては4×4)の可変ブロックサイズを採用しています。
     で、基本的に動画用CODECなので、フレーム間の画像の違いを基に圧縮のパラメータを決めていくことになりますが、VRの場合は静止画イッパツなので“なーんだタイシテ圧縮しなくていーじゃん”と判断されてしまい、16×16ピクセルのブロックで圧縮されちゃうンじゃないかという仮説を思いついてしまいました。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/JPEG
     

    • keiji
    • 2006年 6月 14日

    高木さん、どうもです。
    や〜さすがに詳しい解説と仮説、有り難うございます。
    ここまで深く突っ込んでおりませんでした、反省。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ページ上部へ戻る