© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

20099/28

写真展ハシゴ

世界報道写真展2009&森山大道写真展

世界報道写真展2009&森山大道写真展

札幌三越「世界報道写真展2009」、札幌パルコ「森山大道写真展 北海道 – 序章」のハシゴである。

まずは札幌三越で開催中の「世界報道写真展2009」を観た。想像はしていたが、やはりショッキングな内容が多かった。この一年、世界中で何が起こっていたのか?新聞、テレビではなかなか見ることの出来ない現地の状況が伝わってくる。アフリカの部族間の対立で、未だに弓矢が使われていたのには驚いた。

そして、三越から道を隔てた向い側、札幌パルコ「森山大道写真展 北海道 – 序章」へ。内容的には、先日、宮の森美術館で観た「NORTHERN」と同様、1978年当時の北海道の写真である。あえて「NORTHERN」と比べると、被写体が、少し人間より?だったようにも感じた。NAOさんも書かれていたが、「序章」と言うタイトルからすると、この一連の写真展はまだ続くのか???

それにしても、世界報道写真展の内容が刺激的だったこともあり、森山大道写真展を見終わると、なんだかホッとした。帰り道、トランジット号のペダルを漕ぎながら、この「ホッとした」意味について考えさせられた。

そして、二つの写真展
「世界報道写真展2009」と「森山大道写真展 北海道 – 序章」
の違いを考えてみた。

まずは、
今風に言うと、「非日常」と「日常」
それと、
物理的な距離、「見知らぬ世界」と「居住地」
さらに、
時間的には、「現在」と「30年程前」

私の頭では、その程度しか浮かばなかったが、それだけでは納得出来ないココロの距離を感じた写真展のハシゴだった。

蛇足だが、
「世界報道写真展2009」展示会場を出ると、そこはデパートのバーゲン会場。おばちゃんたちの横をすり抜け「日常」の世界へ戻るのである。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

ページ上部へ戻る