© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

空中ブランコショー

木下大サーカス東京調布公演

Open Panorama

赤いテントの中は夢ふくらむサーカス小屋でした。木の板を組んで設営されている観客席。薄暗くてノスタルジックな色彩。サーカスの語源はラテン語の「円」(サークル)で、演技する円形の面を意味するそうです。

光に満ちたそのサークルの中で何が繰り広げられるのかしらと、子どもだけでなく大人もわくわく。40数年前、両親に木下大サーカスに連れていってもらった。とても小さかったので残念ながら記憶にはないが、未だにその時の事が話題になる。きっと私もいつか今日見たキリンのマサイの優雅で美しい姿、虎に変身してしまった美女や、楽しませてくれたピエロの想い出を子どもと話すだろう。

アメリカンピエロ

アメリカンピエロ

子どもが一番楽しみにしていたアメリカンピエロ。あら不思議!椅子を外しても倒れない「人間椅子無し座り?」今度試してみよう。

ロシアン空中アクロバットショー。体が高く高く宙に舞う、ブラボー!!

木下大サーカスはお隣の調布市政施行50周年を記念して行われています。稲城の子どもたちもたくさん見に行っています。

ロシアン空中アクロバットショー

ロシアン空中アクロバットショー

木下大サーカスは、今年103年を迎え年間120万人の観客動員数を誇る世界3大サーカス。

ちなみにあとの2つは、アメリカの「リングリング・サーカス」(1871年フィニアス・バーナムが創立)とロシアの「ボリジョイ・サーカス」(1978年ソビエト連邦サーカス公団として発足。現在はロシア連邦サーカス公団。)

公演期間は2005年3月19日(土)〜5月31日(火)
毎週木曜日休演(5月5日は開演)
木下大サーカス東京調布公演事務局 TEL:0424-81-0090

【関連情報】
木下大サーカス公式ホームページ

【おまけ】
サーカスの出てくる絵本のご紹介

「ずどんといっぱつ すていぬシンプだいかつやく」
さく:ジョン・バーニンガム やく:わたなべしげお(童話館出版)

じぶんでひらく絵本「サーカスをみよう」
さく:H.A.レイ やく:石竹光江(文化出版局)

「あくたれラルフ」
さく:ジャック・ガントス え:ニコール・ルーベル
やく:いしいももこ(童話館出版)

「サーカスがやってきた」
さく:やぐちたかお(福音館書店)

「オリビア サーカスをすくう」
さく:イアン・ファルコナー やく:谷川俊太郎(あすなろ書房)

「幻燈サーカス」
さく:中澤晶子 え:ささめやゆき(BL出版)

「ぼくの村にサーカスがきた」
さく:小林豊(ポプラ社)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ページ上部へ戻る