© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

「春陽展」「国展」東京都美術館

「春陽展」「国展」東京都美術館

Open Panorama

4月29日、稲城市在住の3人の芸術家の作品を拝見するために久しぶりに、夏のような日差しの注ぐ上野の森へ行きました。東京都美術館はアール・デコ展、春陽展、国展、東光展、彩美展、FAA展、日洋展、日中水墨画合同展と春の芸術展で賑わっていました。

第82回春陽展に稲城市東長沼在住の画家 小宮英夫氏が出展しています。出展作品「われに見よとぞ」は斉藤茂吉の短歌「沈黙のわれに見よとぞ百房の黒き葡萄に雨すりそそぐ」がモチーフになっているそうです。

「やわらかい月」池田秀俊

「やわらかい月」池田秀俊

「はるのひかり」池田尚子

「はるのひかり」池田尚子

写真左は稲城市向陽台在住の彫刻家 池田秀俊氏の作品「やわらかい月」、写真右は稲城市向陽台在住の工芸家 池田尚子氏の作品「はるのひかり」

第79回「国展」絵画 版画 彫刻 工芸 写真 — 2005.04.29
[国展の情報]
2005 79th EXHIBITION of KOKUGA-KAI
会期:2005年4月23日(土)〜5月7日(土)
会場:東京都美術館(上野公園)
入場時間:9:00a.m.〜4:30p.m.(最終日は1:00p.m.まで)
東京都美術館について → 詳細情報

おまけ
お昼は、梅おにぎりも持参したのですが、美術館内の上野精養軒レストラン「ラ・ミューズ」で大好きなカツサンドを。その後、上野動物園で暑くて背中にタオルをかけて木陰で休んでいるゴリラを見て、爬虫類館ではオオトカゲ、ゴールドのキングコブラやガラガラヘビ、ニシキヘビを見ました。暑いし人が多いのでへびたちはほとんど動きませんでした。ハリー・ポッターのようにパーシャルタングでへびと話すことができたらどんなにスリリングでしょう。

[map lat=”35.717214″ lng=”139.772809″ zoom=”16″]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る