© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

ミャンマーそばの試食会

ミャンマーそばの試食会

Open Panorama稲城であったアジアなこと〜稲城も世界に繋がっている〜

6月24日稲城市の花子茶屋 藤田で今年のミャンマーそばの試食会がありました。ミャンマーを5月6日に経ちシンガポール経由で5月30日横浜港に里帰りしたミャンマーそばの実。着いたばかりの実を割ってみると、空気に触れて目に眩しい青にもどったそうです。

— ミャンマー高原の畑では
— 昔「ケシ」の花が多く咲いていた。
— 今「ソバ」の花がさいている。
(外務省のポスターより)

ミャンマーそば

ミャンマーそば

日本政府のプロジェクトでケシのかわりにその地の人が生計を立てられるようにと、日本から「キタワセ」というソバの種が渡ったのです。
その種がミャンマーで育ち「ロンタン種」として里帰りしました。このプロジェクトに関わられている方にとっては、子どもが帰って来たのと同じですから、今年はどんな風に育って帰ってきたのだろうと感慨もひとしおですね。

ミャンマーそばを頂くのは今回で2度目です。甘みが口の中に広がります。薬味のワサビと合わさるとなお一層甘みが感じられます。これは私の感想ですが、ほのかに根菜類の味もしますし、十割だからでしょうか、しっかりおそばを頂いたという満足感があります。「今年の実は特に品質がよく、もちもちしていて繋がりもよく、十割でも打ちやすかった。」と稲城のそば打ち名人藤田敏夫さんのコメントです。

信州大学名誉教授のそば博士・氏原暉男先生から「ソバは昼暑く夜冷えるという最高気温と最低気温の差がないとおいしくならない。」と伺いました。その条件をミャンマー高原は満たしているのですね。写真は氏原先生とミャンマーから届いたそば袋。

氏原暉男氏

氏原暉男氏

日本のそばの年間消費量は13万トンそのうち国産は2割。8割のうちミャンマーそばの占める割合はほーんのほーんのわずかです。おそば好きの方に是非ミャンマーそばを召し上がっていただきたいのですが、只今のところミャンマーそばとしてメーニューに載っているところはないそうです。残念!

国際協力事業団兵庫国際センターレストランにミャンマーそばの試食券が配られたという記事をJICAのホームページで見つけました。秋にはテレビでミャンマーそばの特集が放映される予定もあるそうです。その時にはまたお知らせいたします。

【関連情報】
・太陽物産株式会社
・JICA
・財団法人ライオンズ日本財団 アジアの子供たちに明るい未来を

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る