© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

藻岩山

藻岩山

Open Panorama藻岩山は、もともとアイヌ語でインカルシペと呼ばれていて、「いつも登って眺めるところ」という意味が有るそうだ。確かに、その頂上(標高531m)からは札幌市街地が一望出来き、晴れた日には石狩湾の先の日本海までも見渡せる。

また、山の北東部には天然記念物に指定されている天然林が広がり、モイワラン、モイワサナエ、モイワボダイジュなどの植物、クマゲラなどの希少鳥類が生息する。市の中心地から車で10分程の所に、こんな山が在るのは北海道ならでは。札幌では、藻岩山を始め、手稲山、円山、大倉山、三角山等、身近に山が沢山ある。この山々は、常に街を包み込む風景として存在し、豊かな季節感を与えてくれる。

【関連情報】
Wikipedia:藻岩山

関連記事

    • kaneko-ad
    • 2006年 9月 30日

    夜景の登場ですね。
    この夜景はとても自然に表現されていて、肉眼に近いものを感じました。keijiさんのVRは被写体をあまり誇張しないようですね。お人柄かな?とてもいい雰囲気ですよ。

    • keiji
    • 2006年 9月 30日

    kaneko-adさん、どうもです。
    wwp拝見しましたよ。魚眼での超接写にたまげました〜すごすぎ。
    http://geoimages.berkeley.edu/wwp906/html/YoshiyukiKaneko.html

  1. 夜景がきれいです。それと、昼と夜で同じ場所から撮影するのはいいアイデアですね。名所の紹介には最適だと思います。私は忍耐力がなくて無理です。

    • 東京都稲城市 冨永順次郎
    • 2006年 10月 01日

     夜景、凄過ぎです。右へパーン?して行くと、明るい空が少しずつ暗くなっているのだけれども、明るさが尾を引くように頑張っているように見えるのが印象的です。うまく表現できませんが、パノラマの凄さのように思います。
     星が写っていないかなあと上の方にしてみたり、テレビ塔?が見えないかなあとアップしてみたり、楽しみました。
     既にあったら申し訳ありませんが、北海道でしたら、天の川とか、いつ来るのかチェックしていませんが、流星群とか彗星などは、パノラマとしてはどうなのでしょうか。

    • keiji
    • 2006年 10月 01日

    ksmtさん、こんにちは。
    >昼と夜で同じ場所から撮影するのはいいアイデアですね。
    ありがとうございます。
    これから夜景には良い季節になので、再チャレンジしてみようかと思っています。

    • keiji
    • 2006年 10月 01日

    冨永様、どうもです。
    >いつ来るのかチェックしていませんが、流星群とか彗星などは、
    む、む、む、、、難題です。
    いつか、星の降るようなパノラマを撮ってみたい。。。
    そう言えば、もう何年前になるでしょうか、獅子座流星群を多摩川の土手で見たのを思い出しました。私の中では、最も印象的で忘れられない光景の一つです。

  2. グラデーションが美しく、北海道の澄んだ空気を吸い込むようです。

    • keiji
    • 2006年 10月 06日

    Makotoさん、どうもです。
    MakotoさんのHDR夜景シリーズ楽しみにしております。
    HDRの夜景って、とても魅力的!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る