© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

稲城市郷土資料室

稲城市郷土資料室

Open Panorama

東京都稲城市郷土資料室(複合施設ふれんど平尾内)にある太平洋戦争に関する展示物である。展示物中7点をピックアップし、パノラマ映像内(時計回り方向)で紹介する。

尚、このパノラマは、戦後60年を期に第二次世界大戦の遺構をフルスクリーンQTVRでアーカイブすることを目的とした世界規模のインターネット・プロジェクト「Panoramas of WW2 Landmarks」の為に2005年8月11日に撮影されたもである。このプロジェクトには、22カ国から32人の写真家が152点を超えるパノラマ写真を提供してる。

【火工廠で使われた弾薬箱】
火工廠多摩火薬製造所で製造された火薬類を入れた木箱。戦後払い下げられて周辺の農家の農作業用として使われた。多摩火薬製造所は稲城村大丸に建設され、炸薬は月産約450トンに達していた。現在は、米軍のレクレーションセンター施設及びゴルフ場として使われている。

【M69型焼夷弾】
日本空襲用に開発された焼夷弾で、内部に詰められたゼリー状のガソリンが周囲に飛び散って物を焼いた。一発の親弾に38発の焼夷弾が含まれ、上空約700mで分解し、バラまかれる。1945年の3月〜5月にかけての東京大空襲で東京市街の約50%が焼失。特に1945年3月10日は、2時間余りの爆撃で約10万人が死亡した。

【防空頭巾】
空襲から身を守るために、女性や子どもがかぶった頭巾。肩まで入る綿入れの丈夫なものである。頭巾の内側には子どもの名前、年齢、住所、就労場所、保護者の名前などを書いた布が縫いつけてあった。

【海軍で使われた帽子】

【電波かく乱用のスズ箔】
日本軍のレーダーをかく乱するために、米軍によってまかれたスズ箔である レーダーがスズ箔に反応して、爆撃機自体の機数や進行方向などが分りにくくなった。

【鉄兜】
軍事用に使われた鉄兜。

【復員軍人と戦没者関係資料】
召集された兵士の中で、生きて稲城に帰って来た復員兵士や、戦地における戦病死者についてまとめた資料。
[map lat=”35.613726″ lng=”139.492584″ zoom=”12″]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る