1. HOME
  2. PANORAMA
  3. architecture
  4. 表参道ヒルズ
architecture
表参道ヒルズ

表参道ヒルズ

architecture, PANORAMA

15

Open Panorama話題に便乗して表参道ヒルズに行って参りました。設計が安藤忠雄氏と言うことも有って、ちょっと期待をしてのお出かけ。まずは、正面入口から入って、ご自慢のスパイラル・スロープへ。

スパイラル・スロープとは、建物中心の吹き抜け部分にある、地下3階から地上3階まで螺旋状に繋がるスロープのこと。なんでも、このスロープは表参道の勾配と同じとか。なるほど、表参道から入って来ても違和感無く、ウインドショッピングができるんですな、ふむふむ。ちょっと感心。

でも、なんかトキメかないんです。想像していたより、狭くて暗い感じ。環境音、照明なども駆使しているようですが、ちょっと落ち着かない。

スパイラル・スロープを上りながら「この感覚ってなんでだろ?」と考えていました。答えは簡単でした。ここに並ぶショップのほとんどが私には無縁のもの。いわゆる、想定外の顧客が入り込んでしまった訳ですね。スパイラル・スロープを抜け同潤館に入ると、ほっとしたのは言うまでもありません。

今回は、内部の撮影許可が下りなかった為、スパイラル・スロープのパノラマをお見せすることは出来ませんでしたが、ご興味の有る方は、現地で御体験を。音響は結構凝っていたかな…。

【関連情報】
Wikipedia:表参道ヒルズ
Wikipedia:安藤忠雄

  1. kaneko-ad

    内部の撮影が許可されず残念ですね。
    でも若い女性に近接撮影した迫力あるVRですよ。
    珍しいなぁ、keijiさんの人混み街頭VRは(笑)

  2. keiji

    kaneko-adさん、こんにちは。
    >珍しいなぁ、keijiさんの人混み街頭VRは
    ちょっと、トレンドに乗っかって!?華やかな場所に行ってみました。

  3. Kstyle

    トラックバックありがとうございます。
    いつもながら素敵な映像を楽しませてもらいました。
    館内の人の多さでさらに狭く感じてしまうのかもしれませんね。

  4. keiji

    Kstyleさん、こんにちは。
    >いつもながら素敵な映像を楽しませてもらいました。
    こちらこそ、いつもKstyleさんのためになる情報や奇麗な写真、楽しみにしております。

  5. 佐藤

    こんにちは。

    本日こちらのサイトへリンクをさせていただきましたので、ご報告をいたします。

    これからも宜しくお願いいたします。

  6. keiji

    佐藤さん、こんにちは。
    リンク有り難うございました。こちらこそよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp