© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

イコロの森の炭焼き小屋

イコロの森の炭焼き小屋

Open Panorama新千歳空港の近く、広さ100haの森に「21世紀の里山」を目指したプロジェクトが進行しています。2008年春オープン予定の「イコロの森」です。森には「庭園」「温室」が造られ、「炭焼き」や「体験学習プログラム」が行われます。そして、今年の夏、その炭焼き小屋から「森の炭ギフトセット」が出荷されました。その炭焼きの様子を拝見しようとイコロの森に出かけました。

訪れたのはお盆前の8月7日。前回訪れた「春のお花見パーティー」から約3ヶ月、工事は着々と進んでいるようです。庭園はその美しい姿を現し始め、Be-h@usで建てられた施設も増えていました。

早速、炭焼き小屋に行って見ると、その煙突からは白い煙がモクモクと上がっておりました。炭焼きは、一週間のサイクルで行われ、毎週火曜日が火入れの日。丁度、火入れの後だったようです。

火入れ直後は窯の温度調整が重要で、こまめに火の状態を管理する必要があるとのこと。炭焼きには、その土地の気候風土が密接に関係しているそうで、製品化するまでには、多くの試行錯誤が繰り返されたようです。

この日は、あいにくの曇り空ではありましたが、イコロの森の森林浴効果でしょうか、森からの風がとても心地よく感じました。「森の炭ギフトセット(写真左上)」は、きっと、この「イコロの森」のイコこちよーい空気をそよそよっと届けてくれることでしょう…。

「森の炭ギフトセット」についてのお問い合わせ
株式会社ラウムランドスケープ
〒064-0822 札幌市中央区北2条西26丁目451-16
tel & fax:011-616-1388

【関連情報】
aki’s STOCKTAKING > イコロの森の贈物
イコロの森
特定非営利活動法人 BE-WORKS・新木造建築ネットワーク

【サイト内関連情報】
「イコロの森」はココロを繋ぐ
Be-h@usの本

関連記事

  1. こちらは空前の暑さですが、北海道もなかなかの暑さとか…大変ですね。
    「イコロの森」のパノラマ、ありがとうございます。
    先ほど、ブログ「イコロの森」の管理者に、エントリーするなりコメント・トラックバックするなり、もっとアクティブにするようにメールしたところです。

    • keiji
    • 2007年 8月 24日

    秋山様、どーもです。
    >こちらは空前の暑さですが、北海道もなかなかの暑さとか…大変ですね。
    昨年は、扇風機など必要なかったのですが、今年は、さすがに寝苦しい夜が有り、物置から出して参りました。
    でも、暑い夏が好きな私としては、ちょっぴり嬉しかったりして、、、

  2. こんにちは。
     keijiさんのパノラマ、最近はフィルムの”ベルビア”発色ですね(笑
    楽しく拝見させて頂いておりますよ。

    • keiji
    • 2007年 8月 27日

    kaneko-adさん、どーも
    >最近はフィルムの”ベルビア”発色ですね(笑
    お代官様、お見通しでございます。
    705NKを使っている影響かなぁ、、、(∩。∩;)ゞ

    渓流釣り第二弾拝見しました。
    前回に超える、見事な出来映えでござりまする。
    アッパレ!

    Fishing 2007
    http://qtvr.asablo.jp/blog/2007/08/26/1753314

  3. 「球体の中から見る360°世界」パノラマ展が「イコロの森」で開催

    先日の『ぴろり、展』の告知に引き続き、今回はゴールデンウィーク後に開催されるパノ…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る