© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

20055/16

大村憲司 & ERIC GALE

音楽ネタです。
eric gale
ブログをはじめるにあたって、どうしても書き残したかった二人です。

二人とも1970年代から活躍されたギタリストです。
当時はクロスオーバー、後にフュージョンと言われたジャンルで活躍された方です。(二人にとってジャンルなど意味を持たないと思いますが)

大村憲司はバンドとしての活動よりもスタジオワークを中心に活動されましたが、でも、やはり、彼のすばらしさはライブだったよな〜

ERIC GALEもスタジオワーク中心の活動でしたが、その名前を一躍有名にしたバンド「stuff」が衝撃的でした。
stuffのデビューアルバムを聞いた時のショックは言葉では。。。

二人共、すでに地上から星へと移住されましたが、二人からいつも思うのは、音楽って人を感動させることの出来る数少ないモノだな〜て。
それに比べ、自分のやってることの小ささ(比べるのも失礼に当たりますが)。

でも、stuffの中で一番心配だったSTEVE GADDが健在で、ERIC GALEやRICHARD TEEがお先に移住というのもへんな感じ。。。

ちなみに、大村憲司に関する情報は、ほぼ日刊イトイ新聞のサイトの
ほぼ日刊イトイ新聞 – 続・大村憲司を知ってるかい?に書かれています。ぜひ一度ご覧下さい。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館

北海道大学キャンパス内にある北海道大学総合博物館、1929(昭和4)年に理学部本館として建てられたゴシック調の建物である。2016年のリニュ…

ページ上部へ戻る