© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

空はやっぱり奇麗がいい

カメラ
PTMac(スティッチソフト)を使いはじめたころは、水平4方向のみの撮影で合成していました。でも、考えると当然なのですが、レンズ周辺部の画像を使うので天井や空が奇麗じゃない。調べてみると、どうもみなさんトップやボトムまで撮影して合成しているじゃありませんか。

ボトムはあきらめるとしても空や天井、特に室内撮影の時の天井は気になります。私のパノラマヘッドはKAIDAN製Twin-Axis Bracketなので、垂直方向には回転出来ません。天井を撮影出来るマルチロウタイプのパノラマヘッドはどこだ〜あああ

KAIDANでもSphericalタイプ、Manfrottoの303シリーズ(噂ではかなり重そ〜)、360Precision(噂では高そ〜)。
詳細は二宮さんのサイトのコラム「QTVR Diary」や、FromParisのテクニカルレポートに書かれています。(ちなみに、二宮さんのコラムは英語が苦手な私にとって、かなり貴重な情報源です)

資金難の私(機材投資ばかりで元が取れない)としては現状の機材でトップ撮影を敢行!nodal pointを中心に4方向撮影した後、パノラマヘッドからカメラを外します。レンズを上に向け、パノラマヘッドに手で固定。nodal-point、水平を目測で調整して撮影。
カメラ
最後だけ締まらない。。。とほほ。

ちなみに、カメラ(Canon EOS Kiss DigitalN)撮影モードは、露出、フォーカス、ホワイトバランス、ISOはマニュアル、画像タイプはRAW(3456×2304pix)です。

でも、そもそもトップ画像の問題はレンズ(Sigma8mm)のF値に起因することも判明。。。これについてはまたの機会に。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

ページ上部へ戻る