© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

第15回 YOSAKOIソーラン祭り

第15回 YOSAKOIソーラン祭り

Open Panoramaここのところ天気が思わしくなかった札幌ですが、お祭りの最終日の日曜、雨も上がったのでカメラを抱え大通公園に行って参りました。今年で15回目となるお祭りには、日本全国、海外から350チーム、約4万5千人の参加者が有った模様。

公園周辺は、あちらこちらにイベント会場が有り、盛り上がっておりました。地元のテレビ局でも、週末に14時間の生放送なんてーのも有り、力入ってます。正直、ちょっぴり商業化されすぎているかな〜と、感じるところも有りました。でも、参加者たちの踊りを間近に見ると、彼らがいかに情熱を傾けているか、伝わって来ますね〜。この情熱がお祭りを支えているのでしょうね。

新参者があーだこーだ言うのもなんなので、いつものように、この祭りについて調べてみました。始まりは、1991年、当時の北海道大学生が高知の「よさこい祭り」を見て発想を得たそうです。

また、踊りのルールは、
・曲の中に「ソーラン節」のフレーズを含めること
・鳴子を持って踊ること

なるほど、学生が主体となって作り上げたお祭りなんですね。昨年の「第14回目YOSAKOIソーラン祭り」は、観客動員数が214万人に達する規模に。
これからどのようなイベントに発展するのでしょう?きっと、参加者の皆さんの情熱のベクトルで、さらなる進化を遂げるのでしょう。

今回は、ほとんど行き当たりバッタリ状態で、撮影したチーム名も分らない状態(ごめんなさい)。「来年はもっと計画的に撮らなくちゃな〜」そんな反省をしながら会場を後にしました。

【関連情報】
Wikipedia:YOSAKOIソーラン祭り

関連記事

  1. これがヨサコイソーランですか。結構自由な雰囲気ですね。子供の運動会でヨサコイソーランをよくやっていたのですが、実物は見たことありませんでした。214万人とは驚きですね。

    • keiji
    • 2006年 6月 14日

    ksmtさん、こんにちは。
    >これがヨサコイソーランですか。結構自由な雰囲気ですね。
    そうなんです。
    皆さん凝りに凝った衣装で、とても情熱的でございました。

  2. 来年はQTVRチームも参加しますか? 三脚とかパノラマ雲台とか持って、ひたすら回転する踊りで? 気持ち悪くなる?

    • keiji
    • 2006年 6月 14日

    ksmtさん、まいどです。
    チーム「くるくる回り隊」でも組んで参加しますか。
    参加者全員、手持ちカメラで踊りながらVRを撮るのは如何でしょう。
    その場合、当然、熟練者のksmtさんが有利ですぞ。

  3. わたしゃ高齢なので、プラカード持ちで…。

    • keiji
    • 2006年 6月 15日

    kaneko-adさん、どうもです。
    >わたしゃ高齢なので、プラカード持ちで…
    元祖「くるくる」としてはそれは許されませんですぞ。
    当然、先頭で回って頂きます。

    • non
    • 2006年 6月 16日

    YOSAKOIが全国ネットで放映されるそうです。
    北海道スペシャル「YOSAKOI ソーランナイト2006」
    チャンネル :総合/デジタル総合
    放送日 :2006年 6月18日(日)
    放送時間 :翌日午前2:35〜翌日午前3:51(76分)
    この日は夜10時がサッカーワールドカップ
    日本対クロアチアのキックオフですから盛りだくさんです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る