© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

札幌ハリストス正教会 - 降誕祭前晩祷

札幌ハリストス正教会 – 降誕祭前晩祷

Open Panorama

クリスマス前の12月23日、札幌ハリストス正教会へおじゃましました。7月に聖堂を撮影させて頂いた時に、ロシア正教会の聖歌隊はアカペラで混声四部合唱だと伺い、ぜひ聴いてみたいと思っていました。

降誕祭前晩祷は、司祭が詩篇を朗読し、それに和して聖歌が歌われると言うものでした。「降誕のお祝いですから」と、私たちも葡萄酒に浸した一片のパンを頂きました。

祈りの詩篇、聖歌、乳香の香り、蝋燭の灯火、それぞれのシャワーをあびて寒さに縮こまっていた体も心も解きほぐされました。

聖歌隊

聖歌隊

帰り際に、年輩の信徒の方が「日本で初めてアカペラで合唱したのはロシア正教徒の聖歌隊だったそうですよ、それもお寺で」と伺ったので調べてみました。

1858年函館に来たロシア領事一行は領事館ができるまで日蓮宗一乗山実行寺の一角を借り、そこにはロシア正教会の祈祷所もありました。その時、ロシア領事館付の司祭らが境内で歌った聖歌が、日本で最初の混声四部合唱という可能性があるようです。

【関連情報】
札幌ハリストス正教会
Wikipedia:クリスマス
Wikipedia:東方正教会
札幌ハリストス正教会のパノラマ

関連記事

    • mari
    • 2008年 4月 29日

    エキゾチックなお香のかおりが遥か遠く、異国の地へといざなって
    くれてるような錯覚を覚えました。聖歌隊の混声合唱は素晴らし
    かったです。イイシスの復活の喜びに私もあずかることができて
    光栄です。何故、異国の文化である正教にこんなに心惹かれる
    のかわかりません。荘厳な空間に乳香の馥郁たる香りが充満
    してて頭がぼわ~としてきて、このまま時が留まってくれれば
    良いのにと感じました。ひと時、日本である事を忘れてしまうような
    空間でした。また機会があれば是非、訪れてみたいです。

    • non
    • 2008年 4月 29日

    mariさん
    はじめまして。
    コメントありがとうございました。
    訪れたことのない異国の文化にとても惹かれるのは、古の記憶が残っているからなのでしょうか。またいらっしゃれるといいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る