© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

多摩センターイルミネーション2005

200511/11

多摩センターイルミネーション2005

Open Panorama35万個の光の回廊とキティファミリーによるファンタジーイルミネーション。お隣の多摩市で開催中のイルミネーションを見て来ました。なんと、巨大なキティ登場!

多摩センターはキティのお膝元、サンリオピューロランドがあます。今年は、高さ4.5mの巨大なキティが輝いておりました。昨年は、期間中、延べ180万を超える人が訪れたそうですが、今年は、イルミネーションのスケールもアップし更なる来場者が期待出来そうですね。それにしても、ついこの間まで、夏だったような気がしていましたが…イルミネーションを見ると否応無く、年の瀬を感じてしまいます。

【イベント情報】
期間:2005年11月5日〜2006年01月09日
場所:多摩センター駅前・パルテノン大通り
時間:月〜木 16:30〜23:00、金〜日(祭)16:00〜23:00

関連記事

  1. もうクリスマスですね。早いものですね。ところで、動物の首は動いているのですか?

    • keiji
    • 2005年 11月 14日

    そうなんです。
    展示されている半数程度の動物は機械仕掛けになっており、首が動いていました。
    夜の撮影だったので、後で確認した時、撮影でブレたのか、被写体が動いていたのか、
    良く分らなかったりして。。。

  2. ノイズも無く艶があってとても綺麗な画像です。凄い。キティーちゃんもインパクトあります(笑)多摩市も今回は更にスケールアップして力を入れてますね。稲城市はどうなんでしょう…。

    • keiji
    • 2005年 11月 16日

    稲城市は、大きな商業施設が無く、
    周辺の街に頼っている状態で、ライトアップする場所が。。。
    逆に言うと、それだけ自然が残っているのでしょうか(変なフォロー!?)。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館

北海道大学キャンパス内にある北海道大学総合博物館、1929(昭和4)年に理学部本館として建てられたゴシック調の建物である。2016年のリニュ…

ページ上部へ戻る