© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

東京ミレナリオ

200512/27

東京ミレナリオ

Open Panorama「東京ミレナリオ」東京駅の工事に伴い来年から休止となるとのことで見て参りました。行ったのは、開催初日でクリスマスイブの24日。

地下鉄の出口から地上に出るといきなり、拡声器からガードマンの声、人々の大行進。久々に超人口密度の高い場所に入り込んでしまいました。まずは、撮影場所をリサーチしようと歩き出しましたが、至る所で、ガードマン、交通規制、人々の大行進…道を横断するのもままならず。しょうがないので、流れに身を任せ、気ままに撮ろうと。

今年のテーマは、「都市のファンタジア」 “Fantasia della Metoropoli”とか。ちなみに、このイベントは、「2005年 日・EU市民交流年」のファイナルイベントだそうです。

●開催期間
2005年12月24日〜2006年1月1日

●点灯時間
17:30頃〜21:00頃(12月24日〜31日)
0:00頃〜3:00頃(1月1日)

ところで、「東京ミレナリオ」について良く知らなかったので、帰って来てから調べてみました。イメージとしては、「神戸ルミナリエ」に似てますよね。なので、「神戸ルミナリエ」と比較してみることに。

●コンセプト
「神戸ルミナリエ」
阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年12月に初めて開催。(公式ウェブサイトより)

「東京ミレナリオ」
東京の街を舞台装置に見立て、人々が夢や喜びとともに出会い・触れ合う「東京の新しい祝祭」として1999年から開催。(公式ウェブサイトより)

●作品は両イベント共に
アートディレクター:ヴァレリオ・フェスティ
作品プロデューサー:今岡 寛和

作品の制作者は同じなんで、似ているのは当たり前か。ただ、ルミナリエの明確で力強いコンセプトに比べ、ミレナリオは…

比較はさておき、
会場には、たくさんの家族連れ、カップルの笑顔が有りました。暗いニュースが多い中、一時でも、明るくなれる場所が有るのは、それはそれで良いのかも。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る