© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

第10回 小樽雪あかりの路

第10回 小樽雪あかりの路

Open Panorama2月17日、前日までの大雪が一段落したこともあり、小樽の雪あかりの路を見に小樽まで。「小樽雪あかりの路」とは、雪の小樽の街をろうそくの灯りで照らすお祭り。この祭りの期間中、小樽は街中がロウソクの灯りで溢れている。

とにかく、そのロウソクの数はハンパでは無い。さらに驚くことには、その数え切れないロウソクの灯がほとんど消えること無く燃え続けていること。当日は最終日で多くの観光客で賑わっていたが、その中に紛れ、多くのスタッフ(多分、ボランティアが多数)がバーナーを抱え、ロウソクの灯の番をしている光景を目にした。真冬の北海道の気候を考えると、ロウソクの灯なんて直ぐに吹き消されそうだ。このお祭りが、いかに多くの人々に支えられ成り立っているかを実感。消えたロウソクが直ぐに復帰している様子は、むしろストイックさを感じるほどであった。

小樽の街が楽しいところは、ちょっと路地に入り込むと、いきなり昭和の街並に出会すところ。この日も、手宮線会場からちょっと外れると、高倉健の世界?が広がっていた。耳を澄ますと、吹雪の音に混じって、八代亜紀の歌が、、、な感じ。

最寄りの駅から小樽まで、JR快速エアポートに乗れば約30分、歩く時間も含めても1時間弱で到着する。市外と言うこともあり、なかなか足が向かないが、行ってみると「やー、また、来るゾー」っと感じてしまう、小樽ってそんな街デス。

【サイト内関連情報】
第9回 小樽雪あかりの路

関連記事

    • takagi
    • 2008年 3月 14日

    おー、やはり行ってきましたね。イベントVRも雰囲気良かったけど、個人的にはなんといっても居酒屋でん助とスナック美奈に完敗です。吹雪に揺れるでん助ののれんに誘われる……。お酒は当然温めの燗で(笑)。

    • keiji
    • 2008年 3月 14日

    takagiさん、どーもでゴザル。
    >個人的にはなんといっても居酒屋でん助とスナック美奈
    お祭りを撮っていたら、
    なんだか、引き寄せられるようにして、この場所へ。
    高木さん、念力送ったでショ?お( ̄o ̄)い

  1. すばらしくシャープですね。三脚の威力絶大ですね。とても分かりやすい観光案内にもなっていますね。行ってみたいと思わせる力があります。(それにひきかえ、私のパノラマは何の役にも立たないなぁ。)

    • keiji
    • 2008年 3月 26日

    ksmtさん、どーもでございます。
    >三脚の威力絶大ですね
    有り難うございます、(・・*)ゞ
    正直、今回の機材更新、三脚が一番の孝行モノだったような気もいたします、ハイ。
    >それにひきかえ、私のパノラマ
    いーんデス、その個性が有ってこそksmtワールド。
    クラッシックレンズ沼に引きこもらず、
    また、パノラマお願いいたしますヨ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る