© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

百合が原公園

百合が原公園

Open Panorama訪れたのは7月のお天気のよい土曜日。小さな子ども連れの家族やお年寄り、若者のグループ、カメラ愛好家の撮影会、花壇のベンチで一人読書などなど、たくさんの人で賑わっていました。

世界各地から集められた約100種類の百合の花が見られます。ここにいると「不思議の国のアリス」の世界が連想されます。ぴょんとうさぎが一匹飛び出してきそう。ベンチにすわって好きな本を読んだり、温かい紅茶やクッキーもお似合いです。

気品に満ちた香が漂う一角でした。この花園から百合の花の精がいつ登場しても、驚かないでしょう。園では今、ユリなどの夏の花にかわって、秋の花、ダリアが最盛期を迎えようとしているところだそうです。秋の季節を愛でにまた行きましょう。

現在の花の様子などは下記ホームページをご参照ください。

【関連情報】
百合が原公園ホームページ
Wikipedia:ユリ

関連記事

  1. まぁ!なんとロマンティックなキャプション…。
    ひょっとして奥さんが書いたのかな?

    • takagi
    • 2006年 8月 31日

    日本離れした空気感が良く出てますねぇ。すっかり横谷ワールド確立って感じです。

    • keiji
    • 2006年 8月 31日

    kaneko-adさん、どうもです。
    >まぁ!なんとロマンティックなキャプション…。
    お気に召したでしょうか??
    これから私もこの路線で行きすかー
    お気づきでしょうが花などのコメントはオヤジには似合いません。おかんの出番です。

    • keiji
    • 2006年 8月 31日

    takagiさん、まいどです。
    こちらに来るまでは、あまり花などには興味が無かったのですが、市民の皆さんの花に対する情熱をヒシヒシと感じます。これって、厳しい冬に蓄積されたパワーが、一気に解放されるからなんでしょかね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る