© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

マリヤ手芸店

マリヤ手芸店

Open Panorama

私の周りでも本格的にもの作りをされている方から、折にふれ何かを作っているという方まで、手仕事を日々の友としている方は多いです。そんな私たちの夢をふくらませてくれる場所の一つが手芸屋さん。今回は札幌の中心街にあるマリヤ手芸店を訪ねました。

駅前通を大通公園の方へ進み左手、時計台の方へ抜ける道にマリヤ手芸店があります。ここは時計台前仲通りと呼ばれ、ギャラリーや画廊、画材屋さんがある通りです。マリヤ手芸店は1926年(大正15年)、手芸好きな本間テイさんが手鞠に因んでマリヤと名付け創業したお店です。現在はお孫さんにあたるインダストリアルデザイナー松村耕一さんが代表です。蔦の絡まるこの建物は松村さんにより1983年に建てられました。お店のロゴも松村さんのデザインで、とても印象的です。

刺繍糸と図案集

刺繍糸と図案集

マリヤ手芸店は手仕事の図書館と言っていいほど本が充実しています。刺繍、ボビンレース、アイヌ紋様、ペーパークラフト、フェルト、編み物、織物などなど、国内外の専門的な本からアイディアのソースとなるものまで幅広くセレクトされています。特に日本の伝統的な手工芸関連の本、組紐、人形、刺繍など、巷の書店ではお目にかかれないような本がたくさんそろっています。見やすいようディスプレイにも工夫がされています。道内はもちろん、道外からも訪ねられる方がいらっしゃるのも納得です。左上の写真は、刺繍糸と図案集です。

私のように、本を見ているだけで手仕事の楽しさを満喫するエア手仕事?ファンも掘り出し物に出逢えるお店です。ベントレーの雪の結晶写真集やアンティーク・ブーケのポストカードブック、北欧のペーパーオーナメント(とても良心的なお値段でした)を発見!

ところで、
松村さんは「さっぽろタパス」実行委員会のメンバーでもあります。「さっぽろタパス」とは、スペインのバル街をお手本としたもので、チケットを持ち、札幌の街を歩いて食べてまわる4日間のイベントです。今年も9月7日〜11日を予定してタパス・アミーゴを募集中とのこと、詳しくはこちら

マリヤ手芸店
住所:札幌市中央区北1条西3丁目 時計台前仲通
電話:011-221-3307
営業時間:10:00〜18:00 / 水曜定休日

【サイト内関連情報】
マリヤ手芸店
[map lat=”43.062607″ lng=”141.352656″ zoom=”12″]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る