© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

公認高級時計師・石橋昭市

公認高級時計師・石橋昭市

Open Panorama

札幌大通公園の西に位置する円山。麓にある北海道神宮からは表参道や裏参道と呼ばれる通りが続いている。その名前から、ちょっと原宿をイメージさせるが、ここ円山界隈にも、オシャレなお店が点在している。

そんな円山にある、かなりレトロな「まるやま市場」。明治時代から続く、札幌でもっとも古い市場の一つらしい。この一階にある「石橋時計店」の石橋昭市さん、以前、テレビで拝見し、寡黙な職人さんと言う感じがとても印象的だった。テレビ、雑誌等に紹介されてから、修理以来が殺到し、とってもお忙しい中、取材のお願いをすると、暫しスケジール表を眺め、「今週の金曜日の開店前の9:30頃でしたらいいですよ」とのこと、そして、その金曜日、お話を伺って来た。

まるやま市場

まるやま市場

昭和2年、釧路生まれの石橋昭市さん、昭和21年に時計職人として札幌へ。昭和30年に独立し、ここ、まるやま市場にお店を出されて今年で53年目。昭和35年には、公認高級時計師(Certified Master Watchmaker)を取得されている。ネットで調べてみると、この公認高級時計師、昭和29年(1954年)より米国時計学会日本支部で実施された機械式時計最高峰の資格とのこと。1970年代に入り、クオーツ時計が市場を席巻したことなどの影響も有り、昭和56年(1981年)には、その試験も自然消滅。全国で800名程いたCMWも、現在、現役で活躍されている方々は、わずか30〜40人らしい。

石橋さんに、その公認高級時計師(Certified Master Watchmaker)の試験について伺った。米国時計学会が行うこの試験を受けるためには、受験料を米ドルで支払う必要があったこと。当時(昭和35年)は、まだ1ドル360円の時代。国内での米ドルの流通も規制されていた関係で、ドルを調達するのが大変だったとか。この年、北海道からの受験者は全部で6名。みんなで集まり、勉強会を開き、大阪で開かれた試験に乗り込んだそうだ。壊れた時計を渡され修理する実技試験や、英語で出題される学科試験など、試験は5日間缶詰状態?で行われた。結果、勉強会の成果も有り、北海道からの受験者全員、この難関を突破されたとのこと。

作業中の石橋昭市さん

作業中の石橋昭市さん

石橋さん、職人らしく、冷静で的確なかたり口ではあるが、この試験については、ちょっぴり嬉しそうに話してくれた。その6人も、現在現役(道内)で活躍されているのは、石橋さんを含め2人のみ。CMWの試験が無くなってから既に四半世紀を超え、全国のCMWの方々が徐々にリタイアされて減っていくのも当然か、、、ちょっと寂しい。

自分自身、最も身近で愛着のある道具は、間違い無く腕時計である。残念ながらクオーツであるが、、、でも、何か、体と一体化した感覚があり、付けていないと不自然だ。とくに私の時計は、重量級なのでなおさら、着けていないと左手がふわふあしちゃう。そんな道具たちと、長ーくつき合えるためにも、石橋さんのような職人さんたちが元気な街であってほしい、ゼヒ。

「Certified Master Watchmaker」認定証書

「Certified Master Watchmaker」認定証書

最後に、
「そう言えば、石橋さん、CMWの称号を持つ人は、世界中どこでも職に困らないそうですね?」と伺うと、「そうね、私が30歳ぐらいだったら、スイスの時計博物館の職人にチャレンジしてみたいなぁ」っとニッコリ微笑んでくれた。

ところで、
公認高級時計師をネットで調べていると、こんなサイトを発見した。CMW 佐藤昌三さんのお店「さとう時計店」とそのブログ。特にブログでは、貴重な時計の分解写真が見られる。

石橋時計店
[住所]札幌市中央区大通西24丁目2-1 まるやま市場内1F
[電話]011-611-6522
[営業時間]10:00〜19:00(日曜休み)

【関連情報】
石橋時計店
さとう時計店ブログ
Wikipedia:腕時計
Allabout:機械式時計復活は1990年代に始まった

関連記事

    • shikano
    • 2008年 7月 23日

    最近、電池を捨てたり交換したするのがイヤで電波ソーラー時計を購入しました。ほんとは機械巻きのものが欲しかったのですが自分が好きなものは高すぎて買えなくて。仕方ないので(?)ゼンマイ式のキッチンタイマーを買って物欲を抑えています(笑)

    • kaneko-ad
    • 2008年 7月 23日

    一枚目
    狭い店内に神棚がありますね。お人柄がうかがえます。
    二枚目
    アングルが面白いです。あれっ、keijiさんはリモコン撮影派だったのですね。これは几帳面(笑)

    • keiji
    • 2008年 7月 23日

    shikanoさん、どーも。
    >ゼンマイ式のキッチンタイマーを買って物欲を抑えています(笑)
    ナルホド、意識をそらす作戦ですネ、でも、それが逆効果を発揮しちゃったりして、あー、くわばら、くわばら、ヾ(^ー^;)

    • keiji
    • 2008年 7月 23日

    kaneko-adさん、どーもでゴザル。
    >あれっ、keijiさんはリモコン撮影派だったのですね。これは几帳面
    そーなんです、これが癖になって、手持ちでリモコン使えないと、違和感アリアリの拙者、かなり変、ヾ(-_-;)

    • 北のaki
    • 2016年 3月 22日

    石橋時計店の店主石橋さんの技術は間違いなく「超一流」ですが、修理代金は庶民派の料金ですよ!

      • Keiji
      • 2016年 3月 22日

      北のakiさん、コメント有難うございます。
      石橋さんのお人柄ですかネ、有難いことです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る