© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

フジヤ子鹿時計店

フジヤ子鹿時計店

Open Panorama

前回ご紹介した、石橋昭市さんのお店から南へ約100m、時計を中心とした古道具の販売や、時計修理の店「フジヤ子鹿時計店」がある。店主の山崎薫さんは、石橋さんのお弟子さんでもある。

お店は、40年程前「フジヤ時計店」として始まり、後に古道具の「子鹿屋」へ、そして、山崎さんが一級時計修理技能士の免許を取得してから「フジヤ子鹿時計店」へと。

店内の壁には多くの柱時計が掛かっている。今ではあまり耳にしなくなった、このチックタックというゼンマイ式時計の音や古道具に囲まれていると、なんだか異空間に引き込まれていくような雰囲気がある。

フジヤ子鹿時計店

フジヤ子鹿時計店

店先のショウウインドウには、「時計なんてホットケイ。それでは時計がかわいそう…」と言う掛け軸が目を引く。山崎さん曰く「なにを隠そう、おやじギャグ派なんです」っと。山崎さんの語り口もまた、まったりとしていて、この空間にピッタリの人物である。

「この時計、学校のチャイムのような音がするんですよ」と、めずらしい柱時計の音を聴かせてもらった。ドイツ ユンハンス(Junghans)社製の柱時計の音、まさしく、その通り。聴いていると、遥か昔の校庭の風景が甦った、、、

現在、まだ未調整とのことだが、その音を収録させてもらった。「店内風景&柱時計の音」のパノラマ内で、あなたも、少年時代の校庭へどーぞ。

それにしても、
このユンハンスのスバラシイ響き、どんな構造になっているんでしょ?調べてみると、YouTubeに映像が。中で小人では無く、カマキリ?が叩いてるんですネ。

掛け軸

掛け軸

古時計と言えば、
いつも拝見しているブログ「神田明神界隈」の天野屋さんが、古時計(機械式)の販売及び修理のサイト「oldclock.com」をやっているのを発見してビックリ。当然ですが、ほとんど初めて見るものばかり。やー、機械式時計の世界はホント深い、、、

フジヤ子鹿時計店
[住所]札幌市中央区北1条西23丁目1-31
[電話]011-621-9366
[時間]10:00〜19:00(木曜休み)

【関連情報】
フジヤ子鹿時計店
Wikipedia:ユンハンス

【サイト内関連情報】
panoramas:公認高級時計師・石橋昭市

関連記事

    • kaneko-ad
    • 2008年 8月 04日

    セピアのパノラマ
    琵琶と船箪笥がスパイスしてますね。
    ところで、本当は何時?

    • keiji
    • 2008年 8月 04日

    kaneko-adさん、どーもです。
    >琵琶と船箪笥がスパイスしてますね。
    そーなんです、古道具屋と時計屋が合体したお店なのヨ。
    >ところで、本当は何時?
    む、、、時間を超えた空間なのカモ、( ̄_ ̄ i)タラー

    • takagi
    • 2008年 8月 24日

    このところの“昭和パノラマ”(?)シリーズ、イイ感じですね。時計の音、聞き入ってしまいました。

    • keiji
    • 2008年 8月 24日

    takagiさん、どーもっス
    >このところの“昭和パノラマ”(?)シリーズ
    身も心も枯れススキ?でゴー、、、意味不明

  1. この記事へのトラックバックはありません。

札幌伏見稲荷神社

札幌伏見稲荷神社

藻岩山の麓、札幌市中央区伏見にある札幌伏見稲荷神社。1884年(明治17年)、京都伏見稲荷大社から札幌市南5条に分祀されたのが始まりで、19…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

手稲山ボブスレー競技場

手稲山ボブスレー競技場

1972年に開催された札幌オリンピックのボブスレー競技場(全長1563メートル、標高差132メートル)として1970に完成し、2000年まで…

ページ上部へ戻る