1. HOME
  2. BLOG
  3. MrotatorTCP体験記 vol.5「回転防止プレート」
BLOG

MrotatorTCP体験記 vol.5「回転防止プレート」

BLOG, panorama

2

回転防止プレート
↑回転防止プレート
MrotatorTCP付属のカメラ回転防止プレートです。その形状からでしょうか、Agno’sのマニュアルには、”Z”supportと書かれています。垂直回転用ブラケットとマンフロット323クイックリリース(MrotatorTCP付属)の間に噛ませて使います。

パノラマヘッドの使用において悩みどころの一つが、カメラの回転防止ではないでしょうか。パノラマを始めた当初、Nikon Coolpix5400 + FC-E9のセットを使っていたのですが、これが、かなりのアンバランス。重心が、思いっ切りカメラ前方にあるので、撮影中、気がつくとお辞儀をしている状態でした。

パノラマヘッド + クイックリリース + 回転防止プレート
↑パノラマヘッド + クイックリリース + 回転防止プレート
現在の機材、Canon EOS Kiss + Sigma 8mmが比較的軽量と言う事も手伝って、このカメラ回転防止プレート、なかなかイイ感じで機能しております。

カメラ + マンフロット323クイックリリース
↑カメラ + マンフロット323クイックリリース
このMrotatorTCP、とても使いやすいのですが、注意の必要な点が一つ。パノラマヘッドでは無く、マンフロット323クイックリリースなのですが。カメラ底面に付けるプレートのネジ穴に若干のあそびが有る為か、ネジの締め具合で前後にズレてしまいます。

ノーダルポイントの調整をかなりシビアにやった場合、思わぬ落とし穴になるカモ、注意が必要デス。まー、でも、カメラからクイックリリースのプレートを外さなければ問題無い訳で、些細な点と言う事でしょうか、、、

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp