© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

外気舎記念館

外気舎記念館

Open Panorama

今年の夏、”Panoramas of WW2 Landmarks”に参加した時、多摩地域に残る戦跡をリサーチしました。この建物が「第二次世界大戦のランドマーク」と言うテーマにふさわしいかどうか?考えた結果、残念ながら見送る事としました。ただ、建物としては、とても貴重なものなので、機会が有れば、ぜひ記録したいと思いつつ、今回の取材となりました。

建物は、東京都清瀬市にある国立病院機構東京病院敷地内の木立の中に、ひっそりとたたずんでいました。webで事前調査したイメージとは違い、思いの外、小さな建物でした。

外気舎記念館

外気舎記念館

この外気舎は、昭和14年に軍人のための結核療養所として建設されものだそうです。板張りの簡素な作りで、さぞ夏冬は大変だったろう。。と想像してしまいます。でも、私には、何かノスタルジーを感じさせてくれます。

記念館の裏には花屋さんが有ります。事前調査で、花屋さんには、「外気舎に入院され後に、職員として働いていたおじいちゃんがいらっしゃる」という記事を見ていたので訪ねてみました。あいにく、おじいちゃんは不在でしたが、お孫さんにお話を伺う事ができました。外気舎のそばに花屋というのが疑問だったので、尋ねたところ、「当時、外気舎では患者のリハビリの一環として、園芸を取り入れていた」そうです。おじいちゃん(86歳)は、今でも元気に、午前中は花屋に来ているそうです。

取材協力:国立病院機構東京病院

関連記事

  1. 昔の人は大変だったことがよく分かります。とても質素な建物ですが、治療を受けられるだけでも幸せだったのかもしれませんね。

    • keiji
    • 2005年 12月 15日

    そうですね、戦争中は国の内外を問わず、満足に治療を受けられた人は少なかったのかもしれませんね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る