© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

日和山灯台

日和山灯台

Open Panoramaかつては、ニシン漁で栄えた石狩湾を見渡す丘の上に立つ日和山灯台。1957年、木下恵介監督の映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台となったところでもあります。

天気がよければ、石狩湾を挟んで対岸の雄冬(おふゆ)岬が見えます。映画繋がりで言えば、雄冬は、映画「駅STATION」の主人公 英次(高倉健)のふるさと、また、石狩湾を見下ろす小樽の街を舞台とした映画は数多い。ここ石狩湾には、物語を紡ぎ出す、なにかそんな空気が漂ってるのでしょう。

灯台のすぐ袂には小樽市鰊御殿、岬の反対側には小樽水族館があります。暖冬とはいえ、まだ雪の残る岬の灯台から、潮風に吹かれながら石狩湾を眺めていると、「石狩湾と映画を巡るパノラマの旅」なんてーのも、いいなぁと、また、想いを馳せる私でした。

【関連情報】
喜びも悲しみも幾歳月
鰊御殿
小樽ではたらく本部長のblog

関連記事

    • kaneko-ad
    • 2007年 4月 07日

    素晴らしい色調のVRですね。いいもの見せて頂きました。寒い中ご苦労様。

    • keiji
    • 2007年 4月 08日

    kaneko-adさん、どーもです。
    >寒い中ご苦労様。
    有り難うございます。
    途中、雪がスゴくなり、避難を余儀なくされました。。
    こちらの冬の天候は、変化が激しく、ダイナミックでございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る