1. HOME
  2. PANORAMA
  3. landscape
  4. 日和山灯台
landscape
日和山灯台

日和山灯台

landscape, PANORAMA

12

Open Panoramaかつては、ニシン漁で栄えた石狩湾を見渡す丘の上に立つ日和山灯台。1957年、木下恵介監督の映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台となったところでもあります。

天気がよければ、石狩湾を挟んで対岸の雄冬(おふゆ)岬が見えます。映画繋がりで言えば、雄冬は、映画「駅STATION」の主人公 英次(高倉健)のふるさと、また、石狩湾を見下ろす小樽の街を舞台とした映画は数多い。ここ石狩湾には、物語を紡ぎ出す、なにかそんな空気が漂ってるのでしょう。

灯台のすぐ袂には小樽市鰊御殿、岬の反対側には小樽水族館があります。暖冬とはいえ、まだ雪の残る岬の灯台から、潮風に吹かれながら石狩湾を眺めていると、「石狩湾と映画を巡るパノラマの旅」なんてーのも、いいなぁと、また、想いを馳せる私でした。

【関連情報】
喜びも悲しみも幾歳月
鰊御殿
小樽ではたらく本部長のblog

  1. kaneko-ad

    素晴らしい色調のVRですね。いいもの見せて頂きました。寒い中ご苦労様。

  2. keiji

    kaneko-adさん、どーもです。
    >寒い中ご苦労様。
    有り難うございます。
    途中、雪がスゴくなり、避難を余儀なくされました。。
    こちらの冬の天候は、変化が激しく、ダイナミックでございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PickUp