© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

北竜町ひまわりの里

北竜町ひまわりの里

Open Panorama札幌から車で約2時間半、太陽を味方につけたまち北竜町はひまわりのまちです。1980年、ひまわり「1戸1アール自給運動」に取り組んで搾油を開始したのが始まりで、1982年「ひまわり」を町花に制定しました。

ひまわりの里と呼ばれる23.13haの丘には130万本のひまわりが咲いています。見頃は7月下旬から8月上旬。今年は雨が少なかったので例年より丈が伸びず、ひまわりの迷路では頭が出てしまうとテレビのニュースで見ました。確かに以前訪ねた時よりも小振りでしたが、太陽の分身のような黄金色のひまわりの花に向き合うと、気持ちが晴れ晴れします。

「世界のひまわり」というコーナーもあり、地元の中学生が担当して育てているめずらしいひまわりを見ることができます。ゴーギャンの絵に描かれているひまわりでしょうか「ゴーギャンのひまわり)」と言う名のひまわりも咲いていました。ひまわりというと黄色と思い込んでいましたが、「マホガニーベルベット」と名のついた赤みを帯びたものもありました。

ひまわりの種を見ると、以前飼っていたハムスターが本当においしそうに食べていたのを想い出します。里でいただいた種の袋には『幸せの丘に、あなたのひまわりを・・・。向日葵が開花し、種がなったら当方へお送りください。新しくできる”幸せの丘”に、あなたの種を蒔き、大輪の花を咲かせます。』とありました。まき時は、4月から6月だそうです。春が来たら蒔いてみようと思います。

北竜町には道路の脇や庭先、まちの至る所にひまわりの花が咲いています。こどもからおとなまで、まちぐるみで育てている花があるなんて素敵ですね。

【関連情報】
北竜町ひまわり観光協会
季節の花300:向日葵
Wikipedia:北竜町
Wikipedia:ヒマワリ

関連記事

  1. 北竜のヒマワリは噂に聞いていましたが、こりゃ凄い。
    展望台のショットは、普通なら遠方にまとまってしまう景観が、手前までググッと迫るあたりは驚きです。
    パノラマではまとまって見えますが、実際は大迫力なんでしょうね。

    • keiji
    • 2007年 9月 19日

    Makotoさん、どーもです。
    >北竜のヒマワリは噂に聞いていましたが、こりゃ凄い。
    有り難うございます。
    今年は天候不順だったこと、また、訪れた時期がピークからずれていたようで、ちょっと迫力に欠けますが、最盛期はもっと迫力が有るようです、、、(;^_^A
    でも、北海道の短い夏を堪能させて頂きましたヨ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ページ上部へ戻る