© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

第58回さっぽろ雪まつり

第58回さっぽろ雪まつり

Open Panorama1950年(昭和25年)地元の中高生が大通公園に6つの雪像を作って雪像展や雪合戦をして、お祭りをしたところ5万人あまりの人出があり、それから札幌の冬の行事として定着したのが始まりだそうです。

1953年の第4回雪まつりでは北海道札幌工業高等学校が高さ15メートルの大きな雪像「昇天」を制作したことがきっかけで、自衛隊が参加して大がかりな雪像づくりへの挑戦がはじまり、制作にも沢山の人が参加するようになったそうです。本州からの観光客も増え、1972年札幌冬季オリンピックの年には世界に知られるようになり、今年は210万人以上の訪問客があったとのこと。

雪が少なかったり、気温が上昇して雨が降り、せっかく集めた雪が溶け出したりと、今年の雪まつりはご苦労も多かったようです。「こんなに雪が少ない年はめずらしい。今年は雪像ができるのかしら?」「雪がいつもより黒かった」「大通を通ったら雨でジャージャー溶けだしていたけれど・・・」などなど、市民の会話の端々に登場した雪まつり、テレビのニュースでも必ずと言っていいほど取り上げられていました。今年で58回目を迎えた「雪まつり」は、何と言っても札幌の街の冬の風物詩です。

日本列島南の方では、もう「春一番」とか。
北海道民はこれからまだしばらく首を長〜くして春の訪れを待つのです。

【関連情報】
いつも拝見している望田武司氏のブログ。雪まつりのことが行った以上に?よくわかるし楽しめます。
北国からのエッセイ(42)さっぽろ雪まつり
北国からのエッセイ(43)大雪像 取り壊し

さっぽろ雪まつり実行委員会公式サイト
Wikipedia:さっぽろ雪まつり

関連記事

  1. 雪まつり、行かれたんですね。

    ひそかに、大雪像のパノラマは凄そうだなと期待しておりましたが、
    本領発揮という感じですね。特にタロとジロの雪像は、かなり近づけることから、大迫力です。

    • keiji
    • 2007年 2月 16日

    北旅さん、どーもです。
    >特にタロとジロの雪像は、かなり近づけることから、大迫力です。
    有り難うございま〜す。でも、近過ぎて犬と認識しずらいですよね、鼻の穴良く見えますが、、、(汗
    北旅さんの記事、いつも知らないことが多く、新鮮な驚きです。
    氷雪像解体
    http://kitatabi-blog.at.webry.info/200702/article_33.html
    こんなツアーも有るなんて、知らなかったですヨ。

  2. 札幌雪まつり、行ってみたいと思うばかりでしたが、パノラマを見たら行った気になれました!東京は雪がまだ降ってないみたいなので雪がうらやましいです、それでもやっぱり少ないんですね〜

    • keiji
    • 2007年 2月 20日

    sizuさん、こんにちは。
    >東京は雪がまだ降ってないみたいなので
    今年は暖冬ですかねぇ〜、でも3月頃にドカンと来るかも。。
    sizuさん、東京マラソンお疲れさまでした。
    まさか、機材抱え、クルクル状態で走って無いですよね?

  3. 今まで見た雪祭りの写真の中で、一番分かりやすかったです。撮影ポジションやら露出やら難しそうですね。

  4. ksmtさん、どーもです。
    >今まで見た雪祭りの写真の中で、一番分かりやすかったです。
    有り難うございます、パノラマの威力でしょうかねぇ〜
    ところでksmtさん、smocar脱出作戦成功?

  5. 一応まだ禁煙は続いています。まわりに煙草と吸う人があまりいないので、自分で煙草を買いさえしなければ、それで禁煙という状況です。

    • keiji
    • 2007年 2月 22日

    ksmtさん、度々、どーもです。
    >一応まだ禁煙は続いています。
    kaneko-adさんの誘惑!?に惑わされてませんねぇ〜

    • 東京都稲城市 冨永順次郎
    • 2007年 2月 23日

     先日はチェックが早過ぎて、そして今度は遅過ぎて、失敗しました。フーッ。
     家内は見に行ったことがあるのですが、当方はまだ未体験です。死ぬまでには、数百万人の中の一人にならねばと思います。
     テレビで見るのに比べても、大迫力です。凄い。よく分かります。ただ、すべて夜景ですが、昼間は落ちますか。きっとそうなのでしょう。それと、当方の設定がおかしいのか、今回はズームアップが効かなかったようなのですが・・・。
     パノラマって、どういう仕掛けなのでしょう。上下左右、アップもダウンもできてしまう。改めて考えると、凄いシステムです。

    • keiji
    • 2007年 2月 23日

    冨永様、どーもでございます。
    >死ぬまでには、
    まだ、先は長うございます、、、気長にお待ちしております。
    >ただ、すべて夜景ですが、昼間は落ちますか
    深い読みでございます。白状いたします、ただ、昼間行けなかっただけでございます。
    >当方の設定がおかしいのか、
    こちら再確認してみましたが、大丈夫でした。
    こんな場合は、ブラウザのキャッシュを消去して、再起動してみて下さいまし、多分、、、それで、、、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

ページ上部へ戻る