© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

円山公園お花見

円山公園お花見

Open Panoramaゴールデンウィークの5日、円山公園にお花見に出かけました。札幌では11月に初雪を迎えてからほぼ半年、冬の季節を過ごします。雪がとけ、4月の中旬からは気温も2桁となり、桜の咲くゴールデンウィーク頃から本格的な花の季節を迎えます。市民の庭「大通公園」をはじめ市内の公園、街路樹の袂や家の庭先などなど、いっせいに花咲く札幌です。

ソメイヨシノには少し早かったようですが、エゾヤマザクラ満開でした。花が咲くのと葉が芽吹くのとが同時なのが、山桜の特徴です。円山公園の入り口から、北海道神宮へ続く道には、焼鳥、たこ焼き、お好み焼き、ラムネに水飴、綿飴と屋台や休憩所が軒を連ね、たくさんの人がとぎれることなく行き交っていました。

桜の木の下に漂うこの白い煙の正体、おいしそうなジンギスカンの甘い香りをお届けできないのが残念です。

ここで一句
— ヤマザクラ
— ジンギスカンと
— 香る春

【関連情報】
季節の花300:
Wikipedia:ヤマザクラ

関連記事

  1. 「円山公園」と名のつく場所は、京都でも札幌でも、花見の名所なんですね!(笑

    • keiji
    • 2007年 5月 12日

    にのみやさん、どーもです。
    京都円山公園の場合は、しだれ桜の下で、花見弁当ですかねぇ。

    • ゆき
    • 2009年 5月 21日

    こんにちは☆ハロー書店の絵本はおいくら位ですか?
    とってもかわいくて、行ってみたいのですが・・・

    • non
    • 2009年 5月 21日

    ゆきさん
    コメントありがとうございます。
    絵本は外国のものを中心に、めずらしいものがそろっています。
    価格は1000円前後からだったと思います。
    見ているだけでも、外国旅行の気分を味わえます。
    店主の明石さんが、解説して下さるのでそれも楽しい。
    本の他、カードや文房具。
    ボタンやリボン、手芸の小物など素敵なものがたくさん。
    ぜひ、行ってみてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る