おすすめ記事

  1. 前川國男邸

    2006.02.03

    前川國男邸
  2. レトロスペース坂会館
  3. 札幌聖ミカエル教会
  4. だるま湯

    2009.12.01

    だるま湯
  5. 霧笛 - 日和山灯台

© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

はろー書店

はろー書店 一休み

Open Panoramaはろー書店が2011年10月16日、15年続いた現店舗での営業を終了した。店主 明石謙一氏曰く「ちょっと長いお休み」である。

はろー書店は書店といっても、洋書、アンティーク雑貨、家具等まで扱っている店で、品物は店主自身が自ら買い付けたモノたちだ。私が初めて訪れたのが2007年春だったので、今から4年ほど前。丁度、アンティークカメラが展示されていたので見に行ったのを覚えている。店内は店主の強いこだわりを感じるモノで溢れていた。「明石さん、このなかで一番お気に入りのモノは何ですか?」と尋ねると、Josef Koudelkaの写真集「EXILES」を見せてくれたのがとても印象的だった。

店主 明石謙一さん

店主 明石謙一さん

ここで、ちょと脱線。
Appleの創設者 Steve Jobsの死後、彼にまつわるエピソードがネット上に溢れている。そんな中、Guy Kawasaki氏「What I learned from Steve Jobs」(Cnet)の中の「Customers cannot tell you what they need」がとても共感できた。みんなの意見を集約するより、自分が本当にほしいモノを作れ、ということと自分勝手に理解する。自身の経験を踏まえ感じるのは、多くの人の意見を聞き入れてモノを作ろうとすればするほど、自分自身のそのモノに対する自信と情熱が失われていく。もちろん、マーケッティング等を否定する訳ではないが、モノ作りの現場で最終的には、やはり、個人の自信と情熱が大切だということを再確認した。

いつのころからか街は流行りモノ?で溢れ、ホンモノたちは肩身が狭そうに見える。そんな中、はろー書店には、そんな肩身の狭いモノたちが流れ着き、生き生きしていたように感じた。Jobsは一時、Appleから離れた時期を「人生最良の出来事だった」と振り返っていた。明石氏にとって、そして、はろー書店にとってこれからの数年はそんな時間となることだろう。再登場した時、どんなモノたちを見せてくれるか、今から楽しみである。

【関連情報】
Hello Bookstore Blog
店主ブログ:WALKING AROUND
北海道アートダイブ:「好きなモノは決して人を裏切らない」札幌のはろー書店が閉店
Cnet:S・ジョブズ氏から学んだこと–G・カワサキ氏が得た12の教訓

【サイト内関連情報】
panoramas:はろー書店

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

古民家Gallery 鴨々堂

古民家Gallery 鴨々堂

ススキノの南側、シダレヤナギが涼しげになびく鴨々川のほとりに在る古民家、鴨々堂。大正の末期〜昭和初期にかけて建てられた建物で元は置屋として使…

滝野霊園 頭大仏殿

滝野霊園 頭大仏殿 Hill of the Buddha

札幌中心地から南へ約20キロ弱、車で40分程度の距離、近くに国営滝野すずらん丘陵公園もある自然豊かな丘に総面積180ヘクタールという壮大な敷…

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場「藤川菓子店」

すすきの市場の1階にある創業1918年(大正7年)のレトロな店、今ではほとんど見られなくなった量り売りの菓子店である。建物は昭和33年に建っ…

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

ページ上部へ戻る