© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

都電7500形

都電7500形

Open Panorama

「江戸東京たてもの園」東ゾーンに在る都電7500形です。7500形は、それ以前に製造された7000形から技術的な部分を、80000形からはデザイン的な部分を採り入れたことから、その中間をとってこの名称が付けられました。

外観上の特徴点は、全面中央に一灯だったライトが二灯になり、変わって系統板が中央にきていることだそうです。この復元された車両は、昭和37年〜昭和42年まで渋谷〜新橋間を走っていたそうです(展示資料より)。

都電7500形

都電7500形

今でも運行している都電の荒川線は、残念ながら、今まであまり乗る機会が有りませんでした。現行の車両はどんなもんでしょ。機会が有ったら乗ってみたくなりました。でも、ちょっと遠くなってしまったか。そう言えば、札幌にも路面電車があったよな。

撮影協力:江戸東京たてもの園

関連記事

  1. シートの色、板張りの床、懐かしい車内の雰囲気が伝わってきます。7500形は車体が新しくなっていますがまだ現役で走っています。僕も普段、荒川線に乗る機会ってないんですよね、残念ながら。
    札幌市電のVRも見たいなぁ。

    • keiji
    • 2006年 4月 29日

    soooさん、こんにちは。
    >札幌市電のVRも見たいなぁ。
    ぼちぼち、こちらも気候が良くなって来たので、撮り始めようかと思ってます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旧絵鞆小学校

円形校舎が2棟並ぶ旧絵鞆小学校

鉄のまち、最近では工場夜景で有名な室蘭。その代表的な観光スポットである白鳥大橋の先の絵鞆(えとも)半島先端付近。天気が良ければ噴火湾の先に駒…

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館

北海道大学キャンパス内にある北海道大学総合博物館、1929(昭和4)年に理学部本館として建てられたゴシック調の建物である。2016年のリニュ…

ページ上部へ戻る