© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

松浦邸(松浦孝子)

松浦邸(屋根裏の主役たち)

Open Panorama札幌の北大近くにあるオートクチュールの店「サロン・ド・ドルチェ」の店主 松浦孝子さん実家、その屋根裏部屋なのである。JR苗穂駅近くにある築80年以上の建物。呉服屋を営んでいた松浦さんのご両親が店舗+住居として建てた建物である。

平成16年のリフォームの際、二階の屋根裏部屋から出てきた古道具たち。その道具たちが松浦さんの幼少期の思い出を呼び起こす切っ掛けとなり一冊の本「屋根裏の主役たち」(松浦孝子)が出来た。古民家好きの私に、いい物件在るよ!と教えてくれたのは札幌市アート系情報ツウで熊ナカマ?でもあるK氏。出版記念会場となっている建物へお邪魔すると早速お目当ての屋根裏部屋へ、かなりへっぴり腰で(笑

屋根裏の主役たち

屋根裏の主役たち

古い建物のしかも屋根裏部屋と聞いていたので煤程度は?と覚悟していたのだが、小ざっぱりとしたものでちょっと拍子抜けした。もちろんかなりの年代物なので所々黒く煤けた個所などはあるが、所謂、TVリフォーム番組でよく見る”梁や柱が外れそう…”なんてことは全く無く、しっかりと家を支えている。後に「屋根裏の主役たち」を読んで判ったのだが、リフォーム前に梁と柱を「木肌が見えるまでゆっくり拭きました…木の肌から飴色の樹液が出ているのをみつけ…柱は生きている」と書かれていた。きっと、柱や梁を磨きながら、ゆっくりと過去の記憶を手繰っていたのかな?狭く薄暗いが妙に落ち着く、そんな雰囲気を持った空間だ。

「屋根裏の主役たち」にはみかん箱(木製)やポン菓子(ばくだん)等、幼少期の記憶を強烈に呼び起こす品々が登場する。「みかん箱」と言えば、本田宗一郎もみかん箱に乗り従業員に演説したらしい。誰もがみかん箱に乗りスターとなったのだ(笑

[松浦邸]
撮影:2014年10月12日
機材:Canon 6D + EF 8-15mm F4 L Fisheye@15mm + Nodal Ninja 4
アプリ:Lightroom, Photo Shop, PTGui Pro, Pano2VR

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

赤平市炭鉱歴史資料館

赤平市炭鉱歴史資料館

閉校となった住友赤平小学校(1941〜2014)内にある炭鉱関連の展示施設(現在は休館中)である。住友赤平炭鉱(1938〜1994)で働く従…

名曲喫茶ウィーン

名曲喫茶ウィーン

昨年末(2017年12月30日)に閉店した、札幌・狸小路の名曲喫茶「ウイーン」である。お店は古いアーケードが残る狸小路7丁目の西のはずれ平和…

旧住友赤平炭鉱立坑

旧住友赤平炭鉱(赤平アートプロジェクト)

北海道の中央部に近い赤平市。札幌から高速を使えば車で約1時間半ほどの距離にある緑豊かな街である。現在の人口は約1万人ほどであるが、炭鉱で栄え…

ハンバーガーリサ・山田 創

ハンバーガー リサ・山田 創

本場アメリカ仕込みのブルースギタリスト山田 創(ツクル)氏の店、ハンバーガー リサが閉店した。音楽、インテリア、ハンバーガー...すべてが大…

ガロ展

「ガロ展」

小樽文学館で開催された「編集長・長井勝一没後20年 -『ガロ』と北海道のマンガ家たち展」(2016年9月3日〜10月23日)の様子である。「…

ページ上部へ戻る