© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

造形作家・山里稔

造形作家・山里稔と木彫り熊

私が幼かった頃、茶の間の主役と言えば、これは、もーなんといっても家具調テレビであった。 何処の家でも茶の間の特等席に陣取り、観ない時は…

松浦邸(松浦孝子)

松浦邸(屋根裏の主役たち)

札幌の北大近くにあるオートクチュールの店「サロン・ド・ドルチェ」の店主 松浦孝子さん実家、その屋根裏部屋なのである。JR苗穂駅近くにある築8…

沼田家住宅旧りんご倉庫

沼田家住宅旧りんご倉庫

沼田家住宅旧りんご倉庫 1953(昭和28)年、れんが職人 長浦数雄によって建てられたリンゴ倉庫である。外壁は「小端空間積み」という中空を…

日章堂印房

日章堂印房

地下鉄琴似駅近くに在る活版印刷の「日章堂印房」である。お店は、篆刻の酒井博史さんと白髪がとてもよく似合うお母さん、則子さんの二人で切り盛りし…

アウルショップ275

アウルショップ275

アウルショップ275は北海道、当別町にある24時間営業の自動販売機ショップ。ここには今では珍しくなってしまった、うどん、そばの自動販売機があ…

吉田寿し

吉田寿し

旅先で、帰りの便までまだ時間があったので食事をとった店のマスターに「このあたりにレトロで魅力的なお店って有りますかね?」と尋ねてみた。すると「よく行く寿し屋なんだけど、あそこの離れ、雰囲気が有ってイイよ」と言うや否や、親切にも先方に電話しくれたのだ。

松原理容

松原理容

名古屋駅からほど近い那古野地区。近代的な建物の立ち並ぶ表通りから名古屋城に向かい狭い路地に一歩踏み込むと、そこには、今でも城下町の風情が残る街並みがある。瓦屋根の長屋、白壁の土蔵、神社や地蔵。そして、見上げると軒下には、この地域独特の屋根神さまが祭られている。

レトロスペース坂会館

レトロスペース坂会館

札幌市西区の手稲通り沿いに在る坂栄養食品(株)。古くからビスケットの製造販売をしている菓子メーカーである。通りからは建物正面に書かれた「坂ビスケット」の赤く大きな文字が目を引く。しかし、その看板から視線を下げると…かなりのドキドキ感である。

割烹酔月

割烹酔月

お盆間近の8月11日、岩見沢市にある老舗割烹料理店「酔月」の旧店舗のお別れ会に行ってきた。解体前の最後のお披露目である。

北炭幌内炭鉱変電所

北炭幌内炭鉱変電所

北海道の秋も深まる10月上旬、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団企画「北炭送電線をたどるツアー」に参加した。北炭とは北海道炭礦汽船株式会社の略称…

ページ上部へ戻る