© PANORAMA JOURNEY All rights reserved.

nonの記事一覧

マリヤ手芸店

マリヤ手芸店

私の周りでも本格的にもの作りをされている方から、折にふれ何かを作っているという方まで、手仕事を日々の友としている方は多いです。そんな私たちの夢をふくらませてくれる場所の一つが手芸屋さん。今回は札幌の中心街にあるマリヤ手芸店を訪ねました。

小樽・旧寿原邸

小樽・旧寿原邸

この夏、小樽の水天宮に近い高台に建つ旧寿原邸を訪ねました。かつては北のウォール街と呼ばれた小樽。建物は小樽で最初の衆議院議員で小豆将軍と呼ばれた雑穀商高橋直治(1856〜1926年)氏により大正元年(1912年)に建てられました。後に寿原外吉氏に所有が代わり、1986年に同家より小樽市に寄贈され、小樽市歴史的建造物に指定されました。

パイプオルガン作家・谷目基

パイプオルガン作家・谷目基

函館在住のパイプオルガン作家・谷目基さんをお訪ねしました。アトリエは元町公園から胸突き八丁の坂道を上り詰めた高台にあり、眼下には函館の街が広がっていました。毎朝目を覚ました時に窓から自分の住んでいる街や海が見渡せるなんて、とてもとてもうらやましい。

北竜町ひまわりの里

北竜町ひまわりの里

札幌から車で約2時間半、太陽を味方につけたまち北竜町はひまわりのまちです。1980年、ひまわり「1戸1アール自給運動」に取り組んで搾油を開始したのが始まりで、1982年「ひまわり」を町花に制定しました。

はろー書店

はろー書店

昨年インターネットで「はろー書店」を見つけた。黄金のお休みの前、念願かない行くことができた。木の階段を上る時わくわくしたとおり、お店ごと買い占めて自分の部屋にしてしまいたくなるようなところだった。

札幌ハリストス正教会 - 降誕祭前晩祷

札幌ハリストス正教会 – 降誕祭前晩祷

クリスマス前の12月23日、札幌ハリストス教会へおじゃましました。7月に聖堂を撮影させて頂いた時に、ロシア正教会の聖歌隊はアカペラで混声四部合唱だと伺い、ぜひ聴いてみたいと思っていました。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

200612/17

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

11月17日からスタートした大通公園のさっぽろホワイトイルミネーションの一角、大通公園2丁目が会場です。手工芸のクリスマスオーナメントやお菓子、ソーセージやワインなどのお店で賑わっています。道内の方ばかりではなく外国からのお客様もたくさん。会場には様々なお国の会話が行き交っていました。若々しいサンタクロースとも出逢えて記念撮影ができます

札幌観光幌馬車

札幌観光幌馬車

さっぽろ名物観光幌馬車です。御者の土屋光雄さんは四代目の銀太2といっしょに幌馬車歴29年目になるそうです。こんな大きなワゴンを引いて車に混じって歩くのは大変だろうに、とても落ちついていて自分の仕事がちゃんとわかっているという働きぶりです。

札幌ハリストス正教会

札幌ハリストス正教会

所用で地下鉄東豊線・福住駅で降り、札幌ドーム方面へ歩いて行くと、右手に「あれ?表紙の写真の建物」それが札幌ハリストス正教会との出逢いでした。表紙というのは、その日、地下鉄で見つけた情報誌「WITH YOU」2006年春号のことです。記事には山下りんのイコン※1について書かれていました。

石山緑地

石山緑地

石山緑地を初めて写真で見た時、グランドキャニオンのように切り立った岩山やバベルの塔のような風景に、ここは一体どこなのでしょう?と思いました。

ページ上部へ戻る